香りで記憶に刻まれる女性|なぜかモテる女性は無意識で印象づけている

つばき
くんくん…。これも良いわねぇ。
お玉ちゃん
何やってんの?つばきちゃん。あやしぃ~。
つばき
まぁ、失礼な!お玉ちゃん、私は良い匂いの女になるって決めたわよ♪

「香りのない女に未来はない」

~by ココ・シャネル~

あなたはどのような香りを身に纏っていますか?

街ですれ違った時に、ふと「あ!この香水はあの人と同じだ」とすぐ思い出すことがありますよね。

一瞬でその時の思い出や自分の気持ちが蘇ってくるのは不思議な感覚です。

このことを「プルースト効果」と言われています。

香りを操ることができれば、相手の記憶に自分の存在を焼き付けることができるほど強力な武器にもなります

それでは香りで人生を演出する方法を見ていきましょう!

五感の中でも香りだけ!?脳に与える大きな影響とは

冒頭でお伝えしたプルースト効果の由来をご存知でしょうか?

マルセル・プルーストとはある小説家のことです。

プルースト効果とは、彼が書いた小説『失われた時を求めて』のある場面から名付けられたもの。

主人公がマドレーヌを紅茶に浸した時のニオイで過去を思い出す様子が描かれているのですが、このニオイで記憶を思い出す現象をプルースト効果と呼ぶようになったそうです。

とってもドラマティックですよね。

香りは、より古い記憶や喜怒哀楽の感情を強く引き出すことが知られています。

五感の中でも嗅覚と脳のつながり方は、他の4つの感覚(視覚・聴覚・味覚・触覚)とは異なるとのこと。

脳の中枢にある、感情や本能を支配する大脳辺縁系にダイレクトに届くの嗅覚です。

そして嗅覚を担当する脳の領域と、記憶を司る海馬は隣合わせになっています。

ですから、嗅覚は認識する前に本能的な感情を引き起こすのと同時に、感情を強く引き出す可能性がとても高いのです。

五感の中でも、最も感情を揺さぶる力が強い「嗅覚」を効果的に使っていきましょう♪

「香り」が会っていない時の恋心を育てる!?


「あの子は今頃何をしているんだろう?」

恋愛感情が生まれるまでの過程で大切なことは、会わない時にどれだけ思い出させることができるかです。

そのためには様々な(少しブラックな(;^_^A)方法があります。たとえば、

・会話の途中で別れる
※話の内容が気になっていたことがすり替わり、相手が気になっていると勘違いする

・IFトークをする
※「もし2人でデートするとしたら、どこに行く?」と想像させることで考えさせ、現実化させる

みたいなことです。

ちょっとこれは頭を使った心理戦のようなところがありますから、向き不向きがあります。

計算しなくとも使えて、効果が高い方法が「香り」なんですね。

プルースト効果を上手に使うことで、自然と好きな人を惹きつけることができる優れた方法なのです。

あの香り = あの女性

それをインプットさせるだけで、別の場所で同じ匂いを感じた時自動的に自分のことを思い出してくれるようになります。

香りでなりたい女性になる方法

さてここからは香りを用いて人生を演出する方法です。

前述したように、香りは考る余地を与えず感情と直結させる働きがあります。

ですから香りのもつイメージがそのままその人の印象へと結びつけることができるのです。

あなたはどんな印象を持たれたいですか?

「こんな女性になりたい!」という人物像を描いたら、そのイメージ通りの香りを纏いなりたい女性像に近づきましょう♪

フローラルの香り


男性ウケの良い香りの代表格と言えそうですね。

最初、好きな人が好む香りが分からないという方は、ここから試してみると良いでしょう。

どんな香りでも共通することは、どんなに良い香りでもきつ過ぎると不快に思われることです。

風が吹いたときにほのかに香る程度の香りが好まれます。

また、フローラルは優しげで柔らかい家庭的な印象を刻む香りです。

そして多くの女性が好んで選ぶ香りでもあります。

つまり街で出会いやすい香りと言い換えても良いでしょう。

「自分以外の誰かも使っている香り」と考えるとあまり良い気はしないかもしれませんが、逆に考えることもできます。

接する回数が多いということは、単純接触効果が望める香りだということでもあるということです。

フローラルは、会う回数が多いほど対象に好意を抱く、ザイオンス効果(単純接触効果)が生まれやすい香りといえますね。

イランイラン


フローラル系の中でもイランイランはとても濃厚で甘い香りを放ちます。

そのウットリしてしまうような香りは恋愛の高揚感にも似て、とても抜群の効果をもたらすと言われているほど。

イランイランの香りを嗅ぐことで、今まで何とも思っていなかった女性にも魅力を感じやすくなると効果があるそうです。

なぜなら男性が女性に恋している時に分泌される「テストステロン」を刺激する働きがあるから。

女性がこの香りを嗅いだ場合は女性ホルモンを整える働きがあるので、より女性らしく魅力を開花させることができます

これは使わない手はないですね!

また緊張をリラックスさせる効果があるため、異性に対して積極的になれない人でもこの香りをつけることで自然体で接することができるようになります。

インドネシアの習慣で、新婚カップルのベッドにイランイランの花を散らすというものがあるほど、イランイランは恋にぴったりの香りと言えそうです。

ジャスミン


ジャスミンの香りは自律神経の緊張を緩和し、ストレスを緩和してくれる働きがあると言われています。

クレオパトラが愛したことで有名なこの香りの効能は、実は恋の媚薬として効果を発揮するところ。

動物的な本能を駆り立てる香りなので既婚者は要注意!と言われるほど効果の高い香りです。

また風水的にも邪気を払う香りでもありますし、邪気を跳ね返すだけでなく、黄金を呼び寄せるとも言います。

寝室に飾ることで金運を引き寄せることができるです。

そしてジャスミンの妖精は、恋愛で辛い経験をした人を応援してくれる伝説が残されています。

この香りがあなたの辛い過去を解放してくれ、明るく素敵な相手との出会いをもたらしてくれることでしょう。

またジャスミン茶を飲み続けることで肌が美しくなるなど女性の魅力をアップさせてくれる効能もあるのがジャスミン。

彼ともっとお近づきになりたいと願う時、あなたの後押しをしてくれる香りと言えます。

ローズ

ローズは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する香りです。

まずは自分がその香りを嗅ぐことで、女性らしい艶っぽさを手に入れることができます。

・女性らしさを相手にアピールしたい

・セクシーな女性としての魅力を身に付けたい

というあなたにはローズの香りを選んでみてはいかがでしょうか。

しっとりとした大人の素敵な女性を演出してくれるのが、ローズの効果と言えそうです。

石鹸系の香り

石鹸や柔軟剤などの香りも、清楚なイメージがあり好まれやすい香りですね。

このような香りは、優しさやマッタリ感を演出することができ、母性的で包み込むような内面を表現することができます。

石鹸系の中で人気の高いものは「ホワイトムスク」ではないでしょうか。

ムスクというのは雄のジャコウ鹿の分泌物であり、動物性の香料です。

楊貴妃も愛用していたことで有名な香りでもあります。

この甘くマッタリとした香りを見方につけることで、たおやかな女性らしい身のこなしや繊細な感覚も自然と養われます。

少し近寄ったときにこの香りがほのかに感じられると、控えめながら確かな色気を感じさせることができる香りです。

柑橘系


なんと言ってもリラックス効果があるのが柑橘系の香りです。

グレープフルーツやオレンジなど柑橘系の香りは媚びない魅力があり、快活さが強調されることで男女を選ばない人間的な魅力が醸し出されます。

男性的には柑橘系の香りがする女性と一緒にいると、爽やかさや安心感を感じるようです。

身近な香りは初心者でも試しやすく、レモンやグレープフルーツ、ライム、マンダリンなど清々しくつけた瞬間から気分を明るくしてくれます。

女性的ないかにも甘い香りが苦手な男性も中にはいるものです。

そんな男性にとって、媚びない爽快感ある香りはとても魅力に映るでしょう。

オリエンタルな香り


自立した媚びない女性を表現したいときには、スパイシーな香りにしてみてはいかがでしょうか。

スパイシーでオリエンルな香りとは?と思われる方もいらっしゃると思います。

オリエンタルという言葉は、ヨーロッパからみた東の国々「オリエント地方」を指している言葉です。

ミステリアスなオリエント地方独特のイメージを表現したもので、ビャクダン・バニラ・アンバーの香りを中心とした、甘く温かみある香りのこと。

爽やかさとは反対の独特な香りで、エキゾチック・セクシーといった言葉がしっくりくるでしょう。

意志的な、ミステリアスな女性を表現したいときにはぴったりな香りです。

まとめ

つばき
香りを味方につけられれば、どんな男性もイチコロね!

お玉ちゃん
匂いだけよくてもいつかはバレるんじゃ……

今回は男女関係の導入に効果絶大な、香りを操る方法をお伝えしました。

香りで素敵な女性を演出することができます。

女性は女優です。

まずは「香り」という外側から雰囲気を漂わせることによって、内面も香るような人格へと少しずつ変化させることができます。

長く付き合っていても飽きのこない魅力を身に付けることができるということです。

素敵な香りのイメージから、素敵な女性になりきって人生を演出していきましょう(^-^)/