笑いたいのにひきつってうまく笑えない時の原因と対象法

なぜ顔がひきつってぎこちない笑顔になってしまうのでしょうか。

私はずっと笑顔に自信がもてずに悩んできました。

「何が原因なんだろう…?」

鏡の前で笑ってみますが、何度やっても笑顔がひきつっています。

その間、自分でできることを色々と継続しておりました。

ところが最近、ようやくいくつかの原因にたどり着くことができたのです。

なぜひきつってしまうのか、原因と対処法をまとめてみました。

歯科矯正は笑顔と人生への投資

笑顔になる時、気になってしまうのが歯並びですよね。

歯並びに自信がないことで、つい隠したくなり笑顔がぎこちなくなってしまいます。

私は以前歯並びが悪く、笑う時いつも口を閉じて、もしくは隠して笑っていました。

ですから、小学校の時のあだ名は「平安貴族」(笑)。

口元を手やノートなどで隠しながら笑っていたんです。

学生の頃に歯科矯正をして歯並びを改善したことで、隠さなくても笑えるようにはなりました。

笑う時に歯を見られるのがコンプレックスだ、とか、歯が引っかかってしまうとか。

周りから見ると全く気にしなくても良いのに…と思われることでも、自分だと気になりますよね。

沢山笑うことは人間の救いでもありますし、幸福で豊かな人生にしてくれる大切なツールでもあります。

このように大切な行為である「笑顔」がストレスだというのは、大げさかもしれませんが人生の大きな損失になるのです。

歯並びが悪い状態でいることは、歯磨きがしにくく、結果虫歯や歯周病にもなりやすくなりやすい環境を作ってしまいます。

ですから、口腔環境を整えるためや笑顔の人生を送るための大きな投資だと思って、歯科矯正という選択をするのも良いのではないでしょうか。

顔を動かしていない人は〇〇が弱っています!

普段表情筋という筋肉を意識することはあまりないかもしれません。

顔には約30種類の筋肉が相互に作用し合って、複雑な表情を作り出しています

私たちの多くは、その中で30%しか筋肉を使っていないと言われているのです。

加齢などが原因で衰えると、ハリが失われシワやたるみの原因となってしまうのです。

また表情豊かな人は良いのですが、無表情で仕事をしていたりすると筋肉の老化が加速してしまいます。

私は歯並びが改善されても顔が動かずうまく笑えませんでした。

もしかして、うまく笑えないという人は普段無表情で過ごしてはいませんか?

使っていない筋肉は固くなり、動かそうと思っても動かせないものなのです。

ですから、表情豊かに毎日を過ごすことはアンチエイジングそのもの

意識的に動かしていきたいものですね♪

ではどうやって鍛えれば良いのでしょうか?

後の項目に、表情筋の簡単な体操法の記事をまとめてみたので、宜しければご覧ください(^^)/

笑顔がぎこちないのは〇〇が邪魔だから?

私は最近健康になるためや理想の身体になるために、10㎏の減量に成功したのですが、そこで気づいたことがありました。

「わ、笑いやすくなっている!」

そうなのです。

顔の肉が多かったことが、うまく笑えない大きな要因だったんです。

表情筋が衰えている上に顔の肉まで多く、二重苦三重苦でした…((+_+))

でも自分では笑いにくい原因に気づけないもの。

前項目でもお伝えしましたがまずは表情筋力の低下、食事による脂肪、そしてむくみが原因で顔に沢山の肉を溜め込むことになります

では食事で何を心掛けなければならないかというと、糖質と炭水化物です。

私たちは糖質中毒になってしまっています。

甘いものを食べるとトロトロとしたお顔のお肉に。

炭水化物は水分を溜め込みやすいので、むくみの原因になってしまっていることはご存知でしたか?

ステキな笑顔は人を笑顔にし人を幸福にします

そして人を幸福にする人には、良い縁が結ばれるということで自分に返ってきます。

その笑顔づくりのためにも、食べ物の誘惑は尽きませんが、いつもより少し食生活を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

笑っているとき、どんな目元になっていますか?

笑顔がぎこちなくなる悩みの多くは、口元ではないでしょうか?

自分ではどのように開いているのか、結構気になりますよね。

あまり口が大きく空きすぎていても品がなくなり、美しいとはいえないものです。

よく接客業のプロが「上の歯を見せて笑え!」と厳しく指導するのを見たことがあります。

上の歯を見せて笑うのが似合う顔もあれば、不自然になる顔もあると思うのは私だけでしょうか。

いかにも良い笑顔でしょ!と言わんばかりの顔は、見ていて疲れてしまいます。

また、口元がコンプレックスである場合は、無理することもありません。

笑顔は目元の印象がとても大切です。

目の力を抜いて、まるで赤ちゃんを眺めるかのような気持ちで相手を見るだけで、自然な優しい表情になれます。

自分に意識を向けるのではなく、相手に向けるのです

「目は口ほどにものを言う」

自分の心の有様は目が物語っています。

もちろん笑い方などの形も大切ですが、どのような気持ちで笑うか、思いを目に込めるかが印象を大きく左右するのです。

ステキな笑顔で開運するために…

「面接官の採用の決め手が笑顔だった。」

「契約を決めたのは、第一印象の笑顔が素敵だったから。」

というのはよくある話です。

笑顔がステキだと言われることは、人に愛され応援されるアイテムを手に入れているということ。

特に人前に立つような仕事や営業の方にとって、ステキな笑顔は大きな武器ですよね。

人は自分の顔が自分では確認できません。

顔を動かした感覚と、頭でイメージする自分の顔が一致していないことが多くあります。

鏡で見たときは視覚的に頼りすぎていて、顔の感覚を忘れてしまいがちです。

そこで、笑顔を素敵にするための密かな特訓方法をお教えします!

ま、もうすでに記事で書いているのでご紹介するということなのですが(;^_^A

ひたすら鏡の前で練習あるのみですよ♪

笑顔で開運しましょう!

落ち込んでいて上手く笑えない時の対処法

どうしても気持ちが落ち込んで笑顔になれない時があります。

気分が乗らない。

なぜ周りが笑っているのか分からない。

それは「もっと自分を大切にしたい!」という自分からのメッセージが来ていると私は捉えています。

無理をして周囲に合わせることが、自分の本当の気持ちを無視していると感じてしまっているからです。

本当の自分と周りに合わせている自分が離れていくことで、「自分って一体何なんだろう?」と落ち込み密かに悩み続けるようになります。

そんな時は「自分は今笑えない状態にあるんだな。」「一緒に笑える相手ではないんだな。」とありのままを受け止めてあげることです。

他人と違って良いということを認めてあげること

違って当たり前なのです。

むしろ「合わせよう合わせようと努力している自分って、なんて健気なんだろう!」と思っても構いません。

空気を無視して無表情でいても良いと思います。

大切なのは無理に笑うことではなく、自分の本心をありのままに受け止めることです。

自分の気持ちをそのままで良いと認められれば、自然に笑える時は必ず来ます

その時まで無理をしないことです。

職場で無理に笑わなければならない時は…?

無理をしなくても良いとはいえ、お客様相手ではムスッとしている訳にはいかなくなることもありますね。

そんな時にはこう考えてみてはいかがでしょうか。

「仕事をしている時の私はこんな人」を演じてみる。

キャラクターを作り上げてしまうのです。

そして、そのキャラクターはこういう時にお客様に合わせて笑うことができる人、という設定にしてしまいます。

仕事はいかにその職場が円滑に回るか、お客様に価値を提供できるか、同僚たちと協力し合えるかが大切です。

そのための1つのパーツが自分であるならばどんなキャラクターが最適であるか考えてみます。

不思議なもので形だけでも笑っていると心も楽しくなるものです。

まずは形から、口角だけでも上げてみると楽しい気持ちになれ、頑なになっていた気持ちがほどけてくることがあります。

そうすると、上手く笑えない自分にも笑えてきたりして。

「うまく笑えない」→「笑わなきゃ」→「キャラクターになりきろう」→「口だけ笑ってみようか」→「なんだか楽しくなってきた!」→「笑えない自分も可愛いもんじゃん」

という感じで、一周回って楽しくなったりもします。

自分の感情に執着し過ぎず、相手目線で笑ってあげられることは包容力ともいえるかもしれません。

相手に合わせることができる、懐の広さであるのです。

まとめ

上手く笑えない、と焦る必要はありません。

なんと8割近くの女性は、笑顔に自信がないと答えたアンケート調査もあるほど、皆笑顔がコンプレックスになっています。

だからこそ、一度良い笑顔を追求してみるのも良いのではないかと思うのです。

このコンプレックスを解消して、人前で堂々と笑えるようになったならばどんなに明るく生きられるか想像してみると良いですね♪

なんだかとっても力が湧いてきませんか?

良い笑顔は幸福の証です。

確かに人生にはいろいろなことが起こり、笑顔になれないようなこともあります。

そんな時こそ形から入る!

楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔になるから楽しいのだそうです。

まずはひきつっていてもいつも笑顔でいる人になることが大切♪

そして人知れず美しい笑顔を研究し続けることですね。

そうして磨いた笑顔は沢山の人を惹きつけ、笑顔を伝染させ、幸せな人を増やしていきます。

人生は角度を変えると意外と笑いになることも多かったりします。

どんなことでも笑顔で学びに変えられるような、懐の広い人笑顔美人を目指しましょう。