このプライドさえ捨てられれば…!プライドの本質から解決方法の新提案まで

本当は人を頼りたいのに頼れず、どうしようもなくなってから人に迷惑をかける。

つい見栄を張って後輩におごってしまい後で金欠になり痛い目に遭う。

知らないことを知らないと言うのが恥ずかしい。

すべてプライドの高さによって招いてしまった失敗ですね(;^_^A

誰しも皆こういった経験があるものです。

ない方が良いことは気づきながらも、なぜ人はプライドを捨てられないのでしょうか。

スッキリと捨て去るためには、まずはプライドが高くなってしまう本当の理由を知ることが大切です。

そして、人から慕われ愛され素直な気持ちで人と接することができるようになるためには、一度本気で自分と向き合う必要があります。

少しだけ目をそむけたくなるような内容になってしまうかもしれません。

けれども、確実にプライドがじわじわと溶かされ、楽になれるようにと祈りながら書きました( ..)φ

プライドの本質から、解決するための新しい視点をご紹介していきますので、宜しければお読みください。

そもそも「プライド」という感情はどこからくるの?

これをご覧のあなたは、「自分ってプライドが高いなぁ」と少なからず気づいている方ではないでしょうか。

多くの人がプライドを持っていながらも、自分がプライドの高い人間だという自覚はなく生きているものです。

自分のそのような性質を知って、「何とかしたい!」と思っているということは、客観的な視点を持っているということになります。

できればあまり他の人に気づかれないうちに、自分のマイナス面は克服したいものですよね。

さて、私たちはついプライドから余計なことを言ってしまったり、かっこ悪いことや弱いことを相手に見せられずに強がってしまいます。

そんな時相手からはどのように見えているかを自覚することが第一歩です。

「傲慢な人」「自己顕示欲が強い人」「格好をつけている人」「自慢話をする煩わしい人」

こんな風に見られています。

……何だか恥ずかしい限りです(*ノωノ)

具体的な行動パターンとしては、

自分だけが正しいと誇示したり、

人間関係でついマウントポジションを取りたくなったり、

相手に「すごーい!」と言われたくなったりしてしまいます。

つまり、人によって差はありますが、一見すると自己愛が強く頑固で、自分のことしか考えていない人に見えてしまっているということです。

きっと周囲の人は「あ~、プライドが高いなぁこの人は、やれやれ((+_+))」と思っていることでしょう。

この行動は、他の人から認められたい(=承認欲求)という性質が人一倍強いことの表われです。

もっと言うと、他者からの評価や目に見えるもの(お金持ち・優れたパートナー等)が、自己評価につながっていると考えられますね。

プライドが高くなってしまうのはなぜ?

それではなぜ承認欲求が強くなってしまうのかということになります。

実は人間は思っていることや抱えていることの反対をしてしまう、という習性があります。

例えば、本当は怒っているのに「全然怒ってないしヽ(`Д´)ノプンプン」みたいな感じです。

また、かなり危機的な状況なのに、「全っ然大丈夫…:(;゙゚”ω゚”):」と隠してしまうとか(笑)

隠そうとすると、逆の自分を見せて強がってしまうわけです。

もうお分かりでしょうか。

つまり、プライドが高い人はいかに自分が優れた人であるかをアピールしようとしますよね。

ということは、自分の自信のなさや弱さや格好悪さを隠そうとしているということなのです。

他人からの承認によって自分の自信のなさを埋めようとしているから、プライドが高くなってしまいます。

自慢話をする人ほど劣等感に苛まれていたり、実は精神的にとっても打たれ弱く繊細で気にしすぎるところがあるのです。

もしくは自己犠牲的に生きていて、「ちょっとは私を認めてよ!(# ゚Д゚)」と怒りの感情が隠されているのかもしれません。

プライドが高い人は高い高い壁を作り、塔の中に閉じこもって必死で自分を守っています。

プライドが高いことは悪いこと?

自信がないことから、他人からの視線や評価を気にしすぎ、自らを必死でアピールしてしまうことがプライドの高さの正体だとお伝えしました。

ということは、言い方を変えれば相手から評価されるためには頑張れるのがプライドの高い人の特徴と言えますね。

人間関係や仕事などで、相手に有無を言わせず認めてもらおうと懸命に頑張るところがあります。

他者から認められることが原動力になり、力を最大限発揮できることは素晴らしいことです。

周囲の人から見ると、必死さをあまり見せないながらもやる気がある人と評価される人が多いでしょう。

ただ難点としては、自分が必死に頑張ったことを誰かに認められたくて仕方がなくなってしまうところ。

周囲はつい自己アピールが過ぎるのを見ると、「〇〇さん、黙って仕事していればスゴイ人なのに…」なんて思っていたりします。

また誰かに勝ちたいという気持ちは、誰かを犠牲にすることを厭わない行為です。

この気持ちが暴走すると、蹴落としたり意地悪をしてでも自分が優位に立とうとすることで、ダークサイド陥ってしまう人もいます。

人を不幸にし、恨みを買う行為は決して幸せになれることではありませんよね。

それでは、プライドの高さを手放し克服するためには一体どうしたら良いのでしょうか?

プライドを〇〇に変えられれば救われる!?

「誰かよりも勝っていたい」

「認められたい」

「お金持ちになりたい」

誰もが持つ望みではありますが、この衝動が強い人は多くの場合過去に傷ついた体験からの影響を強く受けています。

バカにされた、辛く悔しい思いを味わった、みじめな思いをしたなど。

人を信じられなくなり猜疑心を抱くような体験がある人は、より勝つことに執着するようになるのです。

自分の方が優れていないと負けた気がする。

多くの人が自分より幸せそうな人を見ると妬むのは、実は皆「周りの人は自分より幸せになってほしくない」と考えているからです。

これってとても悲しいことではないでしょうか。

「自分だけを認めて欲しい!」「自分だけをかまって欲しい!」

という気持ちが強ければ強いほど、「自分ってこんなにすごいんだからね!」と自分アピールしてしまいます。

そして結果的に皆離れていき、誰も認めてくれなくなるのです。

「金持ちケンカせず」とはよく言ったもので、幸せな人満たされている人は無理に自分を誇示することはありません

何もしなくても幸せでいられるからです。

その姿勢がかえって周りの人を惹きつけることになります。

人に勝たなくても満たされるためにはどうしたら良いのでしょうか?

それはプライドを「誇り」に変えることです。

どれだけ苦しんできたか、痛い目に遭ってきたか、傷ついてきたか。

それらはそのままにしてしまえばただの痛みでしかありませんが、勇気をもって直面することで逆に磨き砂となってくれます。

何かしらの人生の学びを得られれば、体験が経験に変わり、教訓として身体に刻まれるのです。

その経験を積み上げていくことで、自分に対する誇りに変えることができます

反対に、プライドは弱みを見せたくない、苦しみたくない、自分の良いところだけを見たい気持ちが強くひたすら逃げているということ。

辛さのあまり最初は受け入れられないかもしれません。

過去の感情としっかりと向き合い受け入れた時、確実に自分の中のわだかまりが一気に溶けていきます。

成長できる人とそうでない人の違いは、この体験を経験にできるかできないかにかかっていると言えそうです。

プライドを捨て、「誇り」ベースで生きる

プライドを「誇り」に変えて生きることをおススメしました。

過去の傷に蓋をし必死で守りながら生きるのと、勇気をもって向き合い学びに変えるかで人間の質が何段階も変わってきます。

誇りがある人は、状況が良かろうが悪かろうが自分に対する価値判断が上下することはありません

まずは他者と比較せず自分軸で生きられるため、他者の声が気にならないという点も大きいでしょう。

また様々な経験を血肉に変えているので、「ま、そんな時もあるよね」とゆったりと構えていられるのです。

そして「いつか成し遂げられる自分」を信じているので、やるべきことを坦々と継続し続けることができます。

そんな人を周りから見た時、サイコーにカッコいい!のです。

ちょっとしたところで、人間の評価は大きく左右するもの。

できれば「プライド」ではなく、「誇り」をベースに生きたいところですね。

大切なのは、「自分ってこんな人」と固定しないことです。

「一昨日も、昨日もできなかったから、きっと今日もできない」

これが固定してしまうことのマイナスな側面ですね。

「今日は何が起こるか分からない。」と生きられたらどうでしょうか。

毎日新しい自分に生まれ変わった気持ちで取り組めば、何かが少しずつ変わっていきそうですよね。

勝手に何度だって生まれ変われば良いのです。

「自分」に捉われなければどんな自分にだってなれます

「自分はこんなことができて、人よりも優れていて…」と固定し、必死にアピールしている自分を解き放ってみてはどうでしょうか。

誰かからの評価などを気にせず、無私の心で今何をすべきかに集中してみるのです。

すると、もはや他者からの評価などどうでも良いと思えるような仕事、人との関り、生き方ができるようになっていきます。

それがまた誇りになり、自分の輝きに変わっていくのです。

どうすればプライドを捨てられる?

「自分ってこんな人間だからスゴイ」

「自分は成績が優秀だ」

などと自分にこだわりや執着が強ければ、それだけアピールしたくなってしまい人生が落ちていきます。

ですから、プライドを捨てるためには、自分を手放し変化を受け入れながら生きることが一番の特効薬と言えるのです。

良い時も悪い時も、良い意味で気にしないこと。

自分はこういう人間だと固定化させてしまうと、慣れ親しんだ、自分が生きてきたルールの中だけにしか生きられず、人生が終わっていきます。

これまでの自分をいかに手放せるかです。

成長したくても、変わりたくても変われないのは「今の自分」に執着しているから。

それでは自分をどのように手放せば良いのでしょうか?

自分を手放すためのいくつかの方法をご紹介します。

間違いを認める

プライドが高くなっている時、一番苦手とすることは謝ることではないでしょうか。

負けること、間違っていたことを受け入れることができれば、心の壁が一気に溶けていくことを体感できるでしょう。

先に謝ることは、相手からも許され自分も許すことにつながります。

人に優しい気持ちを向けられれば人に優しくされるのと同じこと。

「自分がどう思われる」などは手放して、先に負けることがとても大切です。

相手に全てをゆだねる

どんなことでも構いませんので、相手に全てを託してみると自分の執着を解き放つことができるようになってきます。

「好きなようにやると良いよ。」

自分のこだわりを手放すことは、仏教では「自己放下(じこほうげ)」というのですが、自分のやり方・こだわりを最優先させていると、相手を否定的に見てしまいがちです。

最初は抵抗があるかもしれませんが、だからこそ「放下(捨てる)」し、任せてみます

すると、案外「何て自分は小さなことにこだわっていたんだろう」と気づけるものです。

何も決めずに見知らぬ土地に行って、沢山人に助けてもらう

同じテリトリーの中で、同じ人たちと関わるだけの日々は、どんどんと自分を固定してしまいます。

固定することをやめるためには、強制的に人間関係や場所を変えることです。

全く未知の土地に行ったならば、自分のキャラクターをリセットしてどんな自分にもなることができます。

そして、格好をつける自分をやめるために、一度困難な体験をあえてしてみて、頼らざるを得ない状況を作ってしまうのです。

実は頼られると人は嬉しいもの。

助け助けられという関係を経験することができれば、自分に対するこだわりが不思議と薄れてきます。

イメチェンをしてみる

先ほどの未知の土地に行くのと同様ですが、過去を手放すためには強制的に形から変えることがおススメです。

つまり、自分の外見ごとガラッと変えてしまってはいかがでしょうか。

例えば、髪の毛を切ることで、洋服の趣味を変えるために手放すことで、過去の自分と物理的に決別することができます。

他の人を思い切り褒めてみる

ここからは内面的にアプローチする方法です。

今までは褒めてほしくて仕方がなかったのを、グッと我慢して、自分が褒める方にまわってみましょう

褒めることで、相手に花を持たせ自分は裏方に回ることになります。

これもまた負ける経験をする1つの方法です。

これをするためには、相手の素晴らしさや良いところを見ようとしなければ褒めることはできません。

常に褒めることを前提に相手を見る訓練をするのです。

継続的に意識していくことで、自分だけにこだわっていた視点がなくなり、相手を思う気持ちが生まれてきます

試しに自分の利益を考えずに価値を提供してみる

人は少しでも自分にメリットがないと、なかなか行動ができなかったりします。

自分が褒められたい認められたい、という気持ちをグッとこらえて相手の成功だけをイメージしてお手伝いしてみることです。

最初は自己犠牲的に思われるかもしれませんが、誰かに感謝されたり喜ぶ顔を見たりすることで何かが変わる可能性があります。

期待すると「どうせやっても何も変わらないじゃん!」となってしまうので、ポイントはあくまでも期待しないことです。

まとめ

プライドを捨てるという話が、意外な方向に進んだなぁと思われたかもしれません。

プライドが高いということは、つまり自分への執着がつよいということ。

ですから、自分への執着を解放する方法を主にお伝えしました。

自分を手放すことを恐ろしく感じるかもしれませんが、違う視点から考えると自分の可能性を広げることにつながるのです。

自分への執着を捨てて生きれば承認欲求もなくなり、まるで赤ちゃんのように純粋に様々な体験や知識から深く学びとることができるようになります。

これはとっても魅力的な人間になれるということです。

実はもともと皆魅力があるのですが、プライドなどに隠されて見えにくくなっているだけ。

「認められるため」だった原動力が、次第に「誇り」や「無私の気持ちで他者の幸せを願う気持ち」ベースに変わっていきます。

そうなれば、もう他人から評価されようがされまいが、上手くいっていようがいっていまいが、ブレずに生きていくことができるのです。

そんな次元に達することができれば、自分からアピールをしなくとも、周囲から慕われ愛され続ける人になっていることでしょう。