エネルギーバンパイアの特徴は?こんな顔の人は要注意!!

なぜだか分からないけど、会った後にぐったりしてしまう人っていませんか?

例えば帰ったとたんに疲れがド~ッと出てしまったり、

頭がズンズンと痛み始めたり、

急に原因不明の吐き気に襲われたり、

身体が急にだるくなって何もやる気が起きず眠ってしまったり、

貧血状態で目眩がしてきたり…。

それまでは何も問題なく過ごしていたのに、「そういえばあの人と会うと体調が悪くなるなぁ」と特定の顔が浮かぶことはありませんか?

その人はもしかしたら、エネルギーバンパイアかもしれません。

人からエネルギーを奪って自分が貰おうとする人です。

今回はそんなエネルギーバンパイアとの関係をうまく切り抜ける対処法をお伝えしていきます。

今エネルギーバンパイアになってます!分かりやすい顔の特徴は?

「バンパイア」と聞くととても怖そうに思われますが、決して外見は怖くはない人の方が多いです。

様々なタイプのバンパイアがいるので、高圧的なタイプは鋭い目をしていますけどね。

エネルギーが足りずに人から奪おうという人は、一見弱々しく見えます

そして弱々しいながらもエネルギーを奪う行動をとり続けるのです。

誰でもエネルギーの低い状態になることはあります。

ちなみに、自分がエネルギーバンパイアではないか?と思った人は、以下の記事をチェックしてみてください。
まさか自分がエネルギーバンパイアだったとは!あなたは大丈夫?脱バンパイア法

エネルギーの低い状態の顔つきはどのようになるのかをまとめてみました。

関わる相手がこの項目にあてはまっていたら、エネルギー切れを起こしている可能性が高いです。

~エネルギー切れを起こしている顔~
・物腰が柔らかく優しげ

・目がトロンとしていて覇気がない

・目がうつろで乾いている

・目の下にくまができている

・上唇が薄い

・唇の血色が悪く形が曲がっている

・歯並びが悪い

・自信がないため声が小さい、暗い

身体の乱れや不調は心の乱れや不調につながります。

誰でも元気がなくなると、つい愚痴っぽくなり、人からの評価が欲しくなり、自分を特別扱いしてほしくなったりしてしまうのではないでしょうか。

反対に身体が元気だと驚くほど気持ちも明るくなることもあります。

身体を整えることっても大事なことです。

また、人相的に次の特徴がある人は相手から奪いやすい性質を持っているので気を付けましょう。

・後頭部が平ら、絶壁である
相手に見返りを求めるタイプ
・三白眼、眼光鋭い
自分ばかりが正しいと思いがち

エネルギーバンパイアという特別な人種がいるのではありません。

誰でも疲れてストレスが溜まった時は、気持ちをしっかりと持たなければ自分が奪う側になってしまいます。

相手ばかりではなく、自分を癒すことも大切ですね。

なぜエネルギーバンパイアとの関係を切れないのか

あなたは頼られると断れない人ではないでしょうか?

相手のことを考えると、自分さえ我慢すればとか、この人の役に立てるならと思って相手にしてしまうのでしょう。

振り返ってみると、私は結構良い人仮面になることが多く、相当バンパイアの相手をし振り回されてきました。

でも結局、エネルギーバンパイアになってしまう人は、他人からエネルギーを奪うことを悪いとも思わず、依存先をどんどん探すだけ。

私でなくても良いですし、親身にアドバイスしても何も変えるつもりはない様子(;・∀・)

ということで、優しく相手をしてあげても意味がない!とはっきり学ぶことができ、以下のことに気を付けています。

嫌われることを恐れない

構ってちゃんを依存させてしまう一番の原因は、

断ることで嫌われるのではないか?」「良い人でいられない

と思ってしまうことが多いようです。

私が助けてあげなきゃ」「なんとかしてあげないと

と思ってしまったら、エネルギーバンパイアの思うつぼです。

依存気質の人にとって一番必要なのは、自立に導くこと。

むしろ関係を断った方が彼らのためになるのです。

自己重要感をみたしたいだけじゃない?

必要とされているそんな自分(*´ω`*)ウットリ

となってはいないでしょうか。

これはつまり自分のことしか考えていないということですね。

こんなに親切にしてあげて、自分ってなんて良い人なんだろう♪

に酔っているわけです。

けれども依存させる人の相手をするだけでかなりエネルギーが抜かれ、大変になることは目に見えています。

そんな自分を発見したら、ただちにやめましょう。

本当に相手にとってどうすることが良いのかを考えることで、お互いに自立した関係を築くことができます。

バンパイアとの関係を切断する方法

ここは勇気がいることかもしれませんが、関わらないことがお互いのためです。

前述のように差別心ではなく、理性的に今は関わるタイミングじゃないな、と見極めるだけ。

そしてポイントとなるのが、相手がそれによって成長し自立してくれることを心から願いながら、離れていくことです。

皆が依存させなくなれば、あとは自立するしかありませんからね。

罪悪感なく、離れましょう

また、特定の人との関係だけではなく、現代はバンパイア製造機とも言えるほど人類を疲れさせる時代です。

誰とかかわるのかに最新の注意を払っていきたいものですね。

~エネルギーを抜かれないための心得~

〇疲れる人とは縁を切るか、極力会わない

〇人混みにできる限り行かないようにする

〇混雑時の電車やバスにできるだけ乗らない

〇SNS、メール、電話を極力しない

〇自分が金の卵型カプセルに守られているイメージで外を歩く

○ユーチューブを見ない

積極的守りの姿勢が必要です。

エネルギーバンパイアに会った時だけではなく、気が付けばエネルギーが抜かれやすい環境に皆が置かれています。

ネガティブなニュースを流しっぱなしにする、だらだらとテレビを見る、人込みを歩くなどは極力避けた方が良いでしょう。

エネルギーを高める方法

エネルギーをいかに抜かれないかよりも大切なのが、いかにチャージするかです。

自家発電的に何もしなくても湧き出るような人は、体力があり精神性がよほど高い時でないと難しいかもしれません。

意識して、エネルギーを溜めておく行動を取り入れていきましょう。

太陽光を浴びる、海を見に行く、森林浴

人間も自然の一部です。

自然に触れ親しむことで、失われたエネルギーをかなり回復させることができます。

瞑想をする

心静かに自分と向き合う時間が瞑想です。

瞑想中、頭の中に浮かぶ雑念やストレスをただボーっと眺めるようにし、身体の感覚に集中していきます。

脳内ホルモンのセロトニンが分泌されることで幸福度がグンと上がるとも言われています。

天然水のみ飲む

必要量の水分をしっかり取ることで、代謝UPや、デトックス効果が期待できます

体内は不要な老廃物を排出しないとうまく機能しません。

質の良い純粋な水を飲むことで体内がスッキリとリセットされます。

添加物、農薬、加工食品、化学肥料、化学調味料を摂取しない

自分の体内を良い気でいっぱいにすることで、エネルギーが蓄えられます

やはり大地のエネルギー、太陽のエネルギーで体を満たすことで体が整えられていくのです。

無農薬の野菜、天然塩、質の良いたんぱく質。

天然のパワーを沢山もらいましょう。

本心に素直に生きる

自分の心が安定するのは、自分の思い・考えと行動が一致しているからです。

多くの人が行動と思いが乖離してしまっています。

そして、自分の心を無にして何も感じないように生きているので、無感情になり攻撃的になっていくのです。

自分が何を感じているのか、本当は何を求めているのかをじっくりと味わうことで人生が新たにスタートします。

植物を育てる

声なき者との対話は感性というエネルギーを満たしてくれます。

植物は愛情を与えた分きちんと応えてくれます。

自分勝手に水や肥料を与えたのではそっぽを向いてしまいますが、きちんと観察をして必要な分だけあげるようにするのは、感性の栄養そのものです。

睡眠、休養をしっかり取る

熟睡するだけで精神的に安定させることができます。

睡眠はとーっても大事です。

枕にこだわったり、カバーなどの寝具を良いものにしたりすることは、睡眠に対する投資になります。

天然塩を入れた湯船にゆっくりとつかる

エネルギーを保つためには、余計な負のエネルギーを流さなければいけません。

毎日天然塩入りの風呂に入ることで浄化され、じっくり漬かってエネルギーチャージすることができます。

エネルギーバンパイアと関る時の心構え

もしエネルギーバンパイアの見分け方が分かったならば、実際に会った時どんな対応をするかが大切なことです。

先ほど関係の切断の仕方をお伝えしましたが、その際の気持ちの在り方についてまとめてみました。

エネルギーバンパイアだと差別しない

「うわ、エネルギーバンパイアだ!抜かれる前に離れよう(;゚Д゚)」

なんてつい思ってしまうこともあるかもしれません。

あの人きっとエネルギーバンパイアだな、と差別的に見てしまう。

実はこのような態度こそ、周りから知らずにエネルギーを奪っているかもしれないのです。

周りから見ると、「自分はちょっと違うんだ~(。-∀-)」という風に思っているのが伝わる人って、逆に痛々しく見えます。

誰と接するときも差別をしないことが大切です。

自分を内省する

エネルギーバンパイア化している人を見かけたら、自分と向き合うチャンスです!

自分だってエネルギー不足の時、周りの人に頼って助けてもらったのではないか、と。

関わることは控えますが、それも愛あってのこと。

誰に対しても温かい気持ちをもって行動したいものです。

同情しない

この人は今とっても疲れてるんだ。

エネルギーが足りないのね、かわいそうに。

と、同情しないことです。

なぜなら、同情をしても何も改善しないから。

同情するということは、相手を下に見ていることにもなり、上から目線になってしまっていること。

あくまでも同じ立場に立ち、絶対この人は今の状態から抜け出せると信頼して、優しく離れましょう。

理性的に発言し行動する

感情に振り回されると、ずれていきます。

頭で関わるのが最善策ではないと分かっているならば、感情で悩まずに行動することです。

「でも、断れないんだよね~」

という人は、まだ嫌われる勇気がたりないかも…!?

自分は決してエネルギーバンパイアにならないようにする

一番危惧しなければいけないのが、自分がなってしまうことです。

エネルギーを抜かれやすい現代では、職場での人間関係や家族とのやりとり、ふと目に留まったニュースなどでエネルギーを消費してしまいます。

いつの間にか自分が奪う側にならないように、セルフメンテナンスをきちんと意識しましょう。

まとめ

エネルギーバンパイアの顔の特徴と、エネルギーチャージの方法、対処するときの心構えをお伝えしました。

エネルギーバンパイア期が短い人もいれば、もう人に甘え慣れてしまって万年エネルギーバンパイアの方もいるでしょう。

万年エネルギーバンパイアの方の場合は、もう相当厳しい態度で切り離さなければ分かってもらえないこともあります。

これも愛のなせる業です。

面倒だからと適当に付き合うことこそ、実は相手の状態を放置することになり、お互いにとって建設的な関係にはなりません。

厳しさも愛のうち。

誰と関わるかは人生の最優先事項だと私は思っています。

そのためには、誰と関わらないかを決めること

あなたの実りある人生のためにも、人間関係の整理をしてみてはいかがでしょうか。