モテる女はフェロモンを育成している!?美人じゃなくてもモテる方法

「何であの子、かわいくないのにモテるんだろ?」

そんな女性が近くにいませんか?

女子目線からするとどうも理解できないモテの秘密は、「フェロモン」にあるらしいのです。

逆にいくら美人でも同じ原因でモテないこともあります。

フェロモンは、「異性としての魅力の有無」を左右する大きな影響があるものです。

「いい人どまり」で恋を終わらせないためにも、フェロモン育成術をマスターしていきましょう♪

フェロモンとは?

フェロモンとは鼻先で感じる化学物質のことで、同種の個体間で作用する発している化学物質のこと。

ホルモンは体内に分泌され、その個体内に作用するものですが、フェロモンは他個体に特定の行動を起こさせます

つまり相手に何かしらの働きかけを起こすものが、フェロモンと言えそうです。

モテることに関係するのは、性フェロモンと言われるフェロモンになります。

男性は「テストステロン」、女性は「エストロゲン」という性ホルモンが材料となって作られています。

性フェロモンの具体的な働きは、

「もう私は成熟してますよ」

「交尾が可能な個体です」

と、異性に知らせることや、自分に合う異性が惹き付け合うために匂いを発して知らせるために使われるのです。

非常に生物学的に分かりやすい働きですよね。

ですから自分でフェロモンを出す努力をすることは、適齢期の相手への前向きな働きかけであり、本能的に相性の良い相手を引き寄せる方法!

これは試さない手はないですね。

フェロモンが分泌されるとなぜモテるのか?

先ほどもお伝えしましたが、女性のフェロモンの匂いは、男性ホルモンを刺激し引き寄せる効果があります。

なぜか分からないけどモテる女子、というのも本能的に訴える能力が高いからでしょう。

フェロモンが正常に分泌されることでなぜモテるかというと、男性ホルモンを刺激するオスモフェリンというものも含まれているから。

これらのホルモンを刺激する成分による効果で、男性と女性が惹かれ合うことになります。

ま、そもそもそのような働きを動物の私たちは備えていて当然なのかもしれませんね。

女性のフェロモンは女性ホルモンから作り出されます。

ホルモンは体内機能を正常化させるためのものであり、それが微量ながら体外に放出されたものがフェロモンです。

ですからホルモンを活性化させると、自然とフェロモンもきちんと分泌されるようになります

後半ではフェロモンを出すあらゆる方法をお伝えしていきますね!

モテる以外の嬉しいフェロモン効果とは?

フェロモンがきちんと分泌されることは、女性にとって嬉しいことばかりです!

・異性にモテるようになる

・肌艶がよくなる

・心に余裕ができ、ストレスも減る

・髪がツヤツヤになる

・自分のことを大好きになる

・女性らしい丸みのある身体になる

異性を惹き付けるフェロモンが分泌されることは、つまり女性ホルモンも活発であるということです。

なぜならフェロモンはホルモンから作られるものだから。

女性ホルモンの代表格であるエストロゲンや、幸せホルモンのセロトニンなどが活性化することで、女性としての魅力も最大限引き出されることになります。

フェロモンの分泌量が上下するのはなぜ?

モテるかモテないかは、ホルモンのバランスによって決まっている

できれば安定体に沢山出したい!と願ってしまいますよね。

残念ながら女性ホルモンは無意識化で機能しているため、意識的に調整することは難しいようです。

ですから女性ホルモンを活発化させて、今すぐフェロモン出す!ということはできません。

また、以下の理由によりフェロモンの分泌が減少することが分かっています。

・加齢による分泌量の低下

・睡眠不足

・強いストレス

・永久脱毛

これらはいずれもホルモンの活性化や分泌を阻害するものです。

ただし、毎日の生活で気を付けていくことで、逆に正常な分泌を保つこともできます。

毎日の心がけ次第で、艶のある女性になることは誰でもできるのです。

セロトニン

ここからは恋愛に関するホルモンを紹介していきます。

種類や効果効能を知ることで、より意識を高めていきましょう。

まず1つ目は幸せホルモンと言われる「セロトニン」

自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことで、今や知らない人がいないほど有名なホルモンの1つでもありますね。

セロトニンが増えると、以下のような効能があると言われています。

・自然と幸福感が増す

・見た目が若くなる

・常に心身ともにリラックスしていられる

・共感力が高まる

・脳が活性化する

・元気ではつらつとしている

このような効果から、幸福ホルモンとしての役割が有名ですが、実は男女間の距離を埋めてくれるホルモンでもあるのです。

共感力が高まるため社会生活にも非常に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

セロトニンを増やすにはアミノ酸が必要であり、たんぱく質を構成する「トリプトファン」を十分に摂取することが大切です。

大豆・豆腐・納豆・味噌・卵・バナナなどは幸福度を高めるためにも、良質なたんぱく質を沢山とりたいところですね♪

オキシトシン

セロトニンとよく同一視されるのが、オキシトシンは男女間の絆を深めてくれるホルモンです。

この2つは微妙に異なります。

オキシトシンの方は、母性本能に近いものをもっており、古くから女性の出産や子育てに関連するホルモンとして広く知られていました。

「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」など、多くの異名を持つことでも知られるホルモンです。

人と人との肉体的な接触や、簡単なボディタッチでも分泌されますから、抱擁する機会のある方はばんばん分泌されています(笑)

直接的なスキンシップが減っている現代人は、「オキシトシン不足」になりやすい人の方が多いのかもしれませんね。

ちなみにオキシトシンの効能は以下の通りです。

・幸せな気分になる

・ストレスが緩和する

・不安や恐怖心が減少する

・他者を信頼できるようになる

・誰かと関わりたいオープンな気持ちになる

・学習意欲と記憶力向上

・心肺機能を高める

・免疫力が高まる

どうでしょうか、この万能感!

素晴らしいですよね。

ちなみにこのオキシトシンをより活性化させる方法は、スキンシップ(同性でもOK)やおしゃべりや料理を振舞うなど、誰かと一緒に時を過ごし、遊んび、心を開くことでオキシトシンは分泌されます。

エストロゲン

ザ・女子力ホルモンでもあるのがこのエストロゲン。

このホルモンが多く分泌されている人は、女性的な丸みやくびれが生まれ、柔らかい肉感的な体をしています。

・女性的な身体の発達を促す

・月経を起こさせ妊娠しやすい身体に近づける

・骨や血などの機能を正常に保つ

・艶やハリのある肌を保つ

・ふっくらした唇をつくる

・精神的に大らかで穏やかにさせる

女性にとっていかに大切なホルモンであるかが分かりますね。

常にイライラしてしまう女性は、エストロゲンの分泌が少ないかもしれません。

エストロゲンが不足すると血管が固くなり血行が悪くなる上に、悪玉コレステロールが増えるためドロドロの血液になるそうです。

和食とオリーブオイルを用いた料理(調理法)や、大豆を食べてエクオールという栄養素を摂取することで、ホルモンのバランスを整えることができます。

フェロモンを出す方法

恋愛に関するホルモンを3つ紹介しました。

ここからは、そのホルモンからつくられるフェロモンをしっかりと正常に分泌させるための方法です。

毎日の過ごし方に少しだけ加えるだけで、艶々女子へと近づくことができます!

身体を積極的に動かしフェロモンを出す!

身体を動かすことで血行と代謝UPが図られ、女性ホルモンにも良い影響を及ぼします

軽い運動を意識的に取り入れていきましょう。

理想的なのは全身を使った有酸素運動を30分以上行うこと。

またストレッチなどは、ゆっくりカラダを動かせ呼吸も深くなるため、身体をほぐすことができ効率的です。

卵巣のある骨盤まわりをストレッチすることは、血流を良くして「腎経」と呼ばれる生殖や老化に関わる経絡もほぐすことができます。

より女性的で美しい体に近づき、むくみや冷えも改善されるとても効果の大きい方法です。

フェロモンが分泌されるドキドキワクワク体験

日々の日常生活においても、自身で新しい出来事や体験に積極的に挑戦することでもドーパミンは発生します。

ドーパミンを分泌する神経は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を指令する視床下部を通るため、エストロゲンにも良い影響があるのです

毎日同じ道ではなく違う道を通ってみる。

ドキドキワクワクできそうな映画を観に行く。

ちょっとした日々のスパイスが、あなたを美しくしてくれます。

規則正しい生活をする

女性の美容のためには、成長ホルモンの分泌が大きなカギを握っています。

22時〜12時の間に寝ることが望ましい上に、それもまでにストレスを解消しておきスッキリと眠りにつくことも大切なのです

睡眠の質が高いのであれば、6時間程度の睡眠でも大丈夫だそう。

免疫細胞を作り出し疲労を回復させる成長ホルモンを活性化させ、老い知らずでツヤのある女性になるためには、寝不足は一番の大敵なのです。

大豆イソフラボンなど機能を高める食品を接種する

大豆イソフラボンが女性ホルモンを活性化させることは、もはや知らない人がいないほどではないでしょうか。

化粧水や香水の中にも大豆イソフラボンが含まれているものを必ずどこかで見かけますね。

けれども一番効果が高いのは、食品から大豆イソフラボンを摂取することです。

また、美容食材としては栄養価の高い「卵」や鉄分も豊富で血液増量にも効果のある「ゴマ」

黒米・きくらげ・プルーン・黒豆・ザクロ・山芋などの「黒色食材」は、老化防止の色と言われています。

黒色は「腎」に働き、低カロリーで食物繊維・ミネラルも豊富です。

いつまでも若々しさを保ちたい人には必須の食材といえます。

これが一番!?恋愛をするとフェロモンUP

女性は恋をすることで美しくなると言われます。

これはただの努力だけではなく、性フェロモンの分泌も活発になるからこそ、そこはなとない色気を醸し出すようになるのです。

この時大活躍するホルモンがエストロゲン。

フェロモンへ直接的に影響を与え、恋愛をするとエストロゲンが活発化します

つまり、恋をすることでフェロモンの分泌を大きく高めるのです。

恋愛をすることが効果的で、片思いか両想いかは関係ありません。

脳には「ときめき」が重要であり、実在するかしないかももはや選ばないそうです。

映画や漫画の登場人物への恋もOK!

恋をすればするほどフェロモンがたくさん出るので、本物のモテ女性にどんどん近づいていきます。

亜鉛のサプリメントで女を上げる

肌や髪や爪がいつまでも艶やかな女性って憧れますよね。

この艶を保つには「亜鉛」が欠かせないのです。

亜鉛は味覚を正常に保ったり、免疫力の向上、抗酸化作用などたくさんの働きを担っています。

牡蠣や豚のレバーなどに多く含まれてはいますが、そればかり大量に摂取するのが難しい時にはサプリも活用するとよいですね。

女性としての魅力をますますUPさせるためにも、適量の亜鉛を摂取することがおススメです。

入浴時にゴシゴシ洗いすぎない

フェロモンをより効果的に感じてもらうためには、洗いすぎるのは要注意です。

お風呂に入るとき、理想はボディソープなしで入浴すること。

フェロモンは肌から放出されるので、ボディソープを使用することでフェロモンを洗い流してしまうことになるからです。

フェロモンが多く分泌されるのは、脇や陰部に多く存在している「アポクリン腺」なのですが、ゴシゴシ洗いすぎることでフェロモンも少なくなってしまいます。

また体臭を気にするあまり、デオドラント剤や制汗スプレーなどを使いすぎてはいませんか?

汗と共にフェロモンの分泌も抑えてしまっています。

フェロモンを男性に感知してもらうためには、できるだけ無臭を心掛けあなた本来の香りで勝負することが一番効果的なようです。

ストレスはフェロモン最大の敵!溜め込まず発散する

ストレスが大敵な理由は、女性ホルモンであるエストロゲンがストレスにとても弱いためです。

エストロゲンというのは、フェロモンの分泌を大きく左右する女子力ホルモン。

ストレスを感じることで乱れた自律神経はホルモン分泌の乱れをも引き起こします。

ストレスを感じない生活など皆無というほどのストレス社会ですので、ストレスを溜めないこと、発散方法を開拓することです。

前述の運動はかなり体と心をリフレッシュさせてくれますし、映画を見て発散するのも良いでしょう。

ストレスを一瞬でも忘れる時間をもつことで、フェロモンの分泌を促したいものですね。

フェロモン香水を使ってみる

「フェロモン香水」のようにヒトフェロモンという化学物質を香水に混ぜた商品もあります。

自前のフェロモンは皆無臭ですが、これはとても良い香りで異性を魅了することができるようです。

「毎日の生活で地道にふやすよりも、手っ取り早く良い香りで相手を虜にしたい!」

そんなあなたは一度試してみることをおススメします。

「ヒトフェロモン」という化学物質がどれだけ効力を発揮するのか。

数千円で試せるものばかりですから、実験してみても面白そうです。

まとめ

さて、以上挙げた技を全て駆使するとどのような生活になるのでしょうか。

ゆで卵と山芋などを毎日食べ、

亜鉛のサプリを摂取し、

会社帰りに有酸素運動を30分以上行ってストレス発散。

就寝前には大好きな俳優が出ているドラマを見てドキドキ♪

入浴時には抗菌作用の高いオイルをつけてカバーしつつも、ボディソープは使わない派。

日付が変わる前には布団に入り、スッキリと入眠。

朝はフェロモン香水をシュッと身に纏い、元気に出勤!

できなくはない気がしますが(^▽^;)

いかがでしょうか。

艶々でキラキラな愛され女子を目指して、フェロモン活動に励まれてはいかがでしょうか。