恋愛に効果アリ!相手に自分を思い出させる方法10選


お玉ちゃん
でたでた椿ちゃんのイケメン好き。
つばき
もう!いつものみたいに言わないでよぉ(笑)
仲良くなれる方法ないかなぁ?

恋心は思い通りにコントロールできるのでしょうか?

実は繰り返し相手に自分のことを印象づけることで、好意をもたれる可能性が高いことが分かっています。

何度も意識してもらうことは潜在意識に刻むこと。

潜在意識に刻み込まれると、自然と何度も思い出されるようになり、「この人は自分の大切な人なのかもしれない」と相手が思ってくれるようになるのです。

潜在意識の強力なパワーを生かし、恋を成就させましょう。

今回は、ステキな人と長期的なご縁を結ぶ具体的な方法をご紹介します。

脳に刻まれるほど好きになる!?


何度も相手に思い出されるようにすることで、好意を持たれやすくなることはご存知でしょうか。

・今までは興味もなく好きではなかったが、何度も目にするようになった好印象に変わった」

・初対面の人よりも、長年付き合っている人の方が愛着がわく

この例は、単純接触効果(ザイオンス効果)と言われる心理学の法則です。

人の心理には「接する機会が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなる」という法則があります

人間は一度合っただけの人よりも、目にしたり話したりする機会が多い=接触する機会の多い相手を好きになりやすいという傾向があります。

もちろん、一度見ただけで好きになってしまうという一目ぼれなどの例外はありますけどね。

人間関係だけではなく、ビジネスや文章の世界でもこの単純接触効果は巧みに使われています。

たとえば、「〇ズキルーペ」

違和感がある!と批判される一方、見事に記憶に残した上話題をかっさらい、売れに売れているとか。

CMは初め違和感があっても、何度も見るうちに浸透していく大きな力を持つものです。

「YES、高〇クリニック!」

というCMも、繰り返し流れることによるザイオンス効果・キャッチコピーやインパクトと相まって、今や日本で知らない人がいないほどです。

応用の仕方によって効果絶大!

思い出してもらうためにも、単純接触効果で自分の存在を相手に刻んでしまいましょう。

知ってた?効果があるのは〇回まで!

接する機会が多い方が好感をもたれるという単純接触効果ですが、単に接触回数が増えれば良いのでしょうか?

たとえば、職場。

休日を除いて何度も接触するわけですが、回数無制限でどんどん好きになるのかというとそうではないようですね。

実は相手への感情に変化のある回数には限界があると言われています。

その回数は10回。

ですから新しく人と出会ったならば、10回以内で関係性に何かしらの決着がつくと思えばよいでしょう。

ここでもう1つ重要なのが、会う頻度。

短期的なサイクルで会う頻度を上げることがより相手に印象づけ、思い出されやすくなります。

間延びしてはいけません。

月1週1会うよりも、ほぼ毎日もしくは週2~3回会うことで効果が高まるようです。

すでに「もうそれ以上会ってるよ~(+o+)」という方でも大丈夫!

ガラっとイメチェンしたり、何かを変化させたりしてから再スタートすればOKだそうですよ
(*´ω`*)

また、恋愛初期ではなくても、思い出される回数が多い方が親しみをもってもらえることに変わりはありません。

この人とは良い関係でいたいなぁという相手に対しては、これからお伝えする間接的なアプローチも使ってどんどん距離を縮めましょう♪

1 短期勝負で印象に残すのは〇〇な言葉

単純接触することで、相手に良い印象として感情に変化があるのは最初の10回までだとお伝えしました。

計算すると週に2回会うとしても最長で5週間あまりしか時間はありません。

あっという間に過ぎてしまいそうですよね。

そんな中でより印象に刻むための、「言葉」を使った関節アプローチ方法をまずはお伝えしていきます。

会話の中で「1つの褒め言葉を何度も使う」のです。

・〇〇さんって雰囲気イケメンですね

雰囲気イケメンって今まで周りにいなかったから気になります

・さすがセンス良い!雰囲気イケメンは違うなぁ

みたいな感じで「雰囲気イケメン」を連発して使ってみると、

相手が「雰囲気イケメン」という言葉を見た時、単純接触効果による好意と共に自分を思い出してくれるようになるという仕組みです(笑)

ほかにも「可愛い」「ステキ」「かっこいい」「美しい」「落ち着く」「頼もしい」など。

相手に合わせて日常的に多く見かけるような褒め言葉を選びましょう

褒められて悪い気持ちになる人はいませんし、その良い印象とともに自分を思い出してもらえるので、とても効果的な方法です。

これ一種の催眠術なので、悪用しないでくださいね。

2 「単純」に接触することが効果を発揮

相手のペースも考えずに自分の気持ちだけで近くに居座り続けるのは、とても迷惑な話ですよね。

そして「単純」接触という名の通り、軽く接触することで十分効果を発揮してくれます。

言い換えれば瞬発力を問われているということです。

まずは何かしらで接触を取りに行きながらもしつこくはしない

「何だか最近あの人とよく会うなぁ…」

と意識されるだけでもすでに思い出されていますよね。

あからさまにアプローチせずともじわじわと記憶に留めていくことは、相手の心の変化に寄り添うことができるため成功率の高い方法といえます。

焦らず10回という猶予を存分に使いながら距離を縮めていきましょう。

たとえば最初会釈だけをしていたのが、次に会った時には目を合わせるようになり、

目が合った時にニコッと笑顔、その次には「おはようございます」と声をかける。

など単純ながらも少しずつステップアップしていくことで、距離を縮めていくことができるようになります。

今の世の中、これだけでも結構ハードルが高いものです。

好意が少しにじみ出るくらいの接触を心掛けましょう。

3 直接会わなくても会う方法で思い出させる

これはお互い顔見知りやもしくは知人の間柄である場合、有効な方法です。

「頻繁に出没し過ぎて怪しい人になったらどうしよう?」

そんな風に思われる状況もあるかもしれませんよね。

自分が意識していればしているほど、不安にもなりますから。

このような時には直接会えなくても間接的に会う方法を活用していきます。

・SNS

・ブログ

・メール

・手紙

・電話

特に一方向的にそして大衆に向けて発信・拡散できるようなメディアであれば、1対1よりも見る方としても気軽に受け入れることができます。

毎日更新しさえすれば相手にも通知が行き、直接会えなくても会っていることに。

このようにして潜在意識にちゃくちゃくと刻まれることで、思い出される回数も増えていくのです。

4 記憶を呼び覚ます効果的なプレゼントは何系?

とにかく何としてでも会っていない時間に、思い出してもらわなければ!

と考えた時、あなたは何をプレゼントしますか?

目にする機会が多いものと言えば…。

そうです。

日用品が効果的なんです。

生活と共にあるこの日用品をプレゼントすれば、使うたびに、またその時間がくるたびに自動的に思い出されるようになります。

歯磨き用品や顔を拭くタオルやターバンなどの水回り用品や、部屋のお香など普段使いできるものをプレゼントすることで、潜在意識に刻まれていくことでしょう。

5 超効果大のプルースト現象

匂いを使うことは、ダイレクトに記憶に刻む方法です。

脳の短期記憶を司る大脳辺縁系の「海馬」は非常に重要な役割を持っています。

まずはこちらをご覧ください。

~海馬の役割まとめ~
欲求本能および自律神経などの働きとその制御を行う・人が感じる刺激(五感感覚)はすべて海馬に届けられ統括される

・情報が「必要」か「不要」か海馬内で取捨選択され、必要なものだけが保存される

・不要なものは全て排除

・保存しておいた情報が必要になった時、思い出すこともできる

特に五感の中で嗅覚だけは、この海馬に直接情報を送ることができます。

つまり、匂いによって記憶や感情が呼び覚まされるということを表しているのです。

この活用法としては、自分の香りを決めお目当ての相手と会う時必ずつけること。

外見よりも言葉よりも匂いは直接記憶に働きかけてくれます

香りで記憶に刻まれる女性|なぜかモテる女性は無意識で印象づけている

6 思い出される人と思い出されない人とはここが違う

思い出される人とそうでない人は何が違うのでしょうか?

話の面白さ?

外見や服のセンス?

思い出される人は、これらのこととは全く関係のないところで、相手の記憶に留まります。

それは別れ方

どうしても楽しい時間は1分でも1秒でも長く過ごしたいと思うものです。

その1度きりしか一緒にいられないのならば存分にその時間を満喫することをおススメします。

けれども、あなたが意中の相手と継続した関係を築きたいというならば話は別!

楽しみ過ぎるとその時はとても満足するのですが、満足し過ぎると次にまた会いたいとは思わなくなるものです。

旅行やイベントでも、不完全だった時の方が記憶に残ります

「あの時、あそこで転んじゃったんだよなぁ」

「雨じゃなかったら、あのアトラクション乗れたのに」

どうしてトラブルや不完全だったことばかり思い出してしまうのでしょう。

ですから、満足して完璧になってしまうよりも、あともう少しというところで別れることはとても記憶に残ることなのです。

去り際はサッサと姿を消しましょう(笑)

そのことがいつまでも思い出される秘訣です。

7 思い出されるのは〇〇〇と△△△の記憶

サッサと姿を消しましょう、と言いましたがブスッとして去るのでは悪い印象になりそうですよね。

人の心理には面白い法則があります。

それはピークエンドの法則というものです。

最高(ピーク)の時と、最後(エンド)の時が記憶に残ります。

思い出した時に、「あの時楽しかったなぁ」となるのはピークとエンドが良かったからです。

1日の終わりに「あの人素敵だったなぁ」とか「あの子といると楽しいなぁ」と相手に思わせるためには、ピーク時とエンド時に「楽しい!嬉しい!」と感じさせること。

ただ、ピーク時の見極めって結構難しいですよね?

ピークは後から振り返って「あれがピークだった」と分かるものだからです。

ですから確実にできることはエンドを極めること

別れ際の印象に全力投球しましょう。

前項との合わせ技でいくと、「笑顔でサッサと姿を消す」が最強です。

あなたの笑顔の残像が相手の中にいつまでも残り続けます。

8 私生活を公開して思い出されカウントを増やす

会ってお話しすることが難しい場合、SNSなどとの合わせ技が有効となります。

効果は日用品をプレゼントすることと同様です。

生活している中で、

「あ、そういえばあの人こんなこと言ってたな」

率を高めるわけです。

「私の趣味は長風呂で、ジップロックに本と消しゴムを入れてよく読んでます。

すると、本も濡れないし消しゴムの摩擦でページを開けるので、ゆっくり読めるんですよねぇ♪」

とかアップしてみるのです。

すると、お風呂タイムはほぼ毎日ありますから、毎日その時間になるとふと思い出してくれる回数が多くなっていきます。

9 視覚的にとりこにして思い出させる

人には認知の特性というのがあって、人によって異なります。

たとえば、耳から入った情報の方が記憶しやすいという人もいれば、目から入った情報の方が忘れられないという人もいるのです。

普段私たちは何かの記憶を呼び覚ますとき、

「あの人は目が二重で」

「背が高い人だった」

というように、視覚的な情報を答える人は、視覚でインパクトを残すことで記憶されやすくなります

これは何かを暗記するときにも活用できます。

視覚優位の人は紙に何度も書くことで、その書いた文字を目で覚えるためおぼえやすくなり、

聴覚優位の人は何度も口で唱え続けたり、音声に録音し聞き続けたりすると覚えやすいというわけです。

今回の場合、相手に対するアプローチ。

相手が視覚優位タイプの場合は、一点豪華主義的に派手な色のアイテムをつけてみるとか、ファッションなどで目を惹きつける部分をつくると記憶に残りやすいといえます。

相手を分析しより効果的な手法をとりながら、戦略的に距離を縮めていくと良いですね。

10 聴覚的にとりこにして思い出せる

聴覚タイプはどのようなアプローチが効果的なのでしょうか。

前述の「1つの誉め言葉で責めてみる」という方法ならより効果が得られやすいでしょう。

なぜなら、「声」「BGM」「言葉」により敏感に反応するのが聴覚優位タイプだからです。

ですから相手が聴覚優位だと分かったならば、直接会った方がより印象に残しやすくなります。

また、音楽好きや声フェチが多いのも聴覚タイプの特徴。

心地よい音楽が流れる場所を選んで会う

・落ち着いた声のトーンを心掛ける

また論理的な話にもしっかりとついていこうとしますから、理由や原因を明確にして言葉を選ぶとより記憶されやすくなります。

もう一押しで決まる!

10回の単純接触を成功させるか否かは、じっくりと戦略的に計画し実行することです。

ただ10回顔を見合わせるだけでは、親しみを感じてくれるかもしれませんがそれ以上の感情となるとなかなか難しいものだからです。

恋愛に発展させるには、基本的な好感度+αの魅力が必要。

「あれっ?もしかして好意をもってくれてるのかな…?」

くらいな感じで、疑問を残しつつ相手との単純接触を意識して実践しましょう。

人には返報性の法則というものもあります。

恥ずかしいからと言って自分の気持ちをかくしているよりも、恥ずかしさを超えて思いを伝えた方が相手の心を動かします。

その勇気が、何度も思い出される効果につながるのです。

あまり執着せずに、

「大丈夫、また次の人がいる!」

「好きになれたということは、恋愛の波が来ている!」

と明るくとらえて果敢に思いを伝えましょう(^^)/

まとめ

つばき
10個も覚えられないよぉ!
お玉ちゃん
大丈夫、つばきちゃん。
おさらいしてみよ!
では10個の方法を簡単におさらいしていきましょう。

1 1つのメジャーな誉め言葉を何度も使う

2 サラリと単純な接触を心掛ける

3 SNSを効果的に活用し、思い出させる機会を増やす

4 日用品をプレゼントする

5 自分の香りを効果的に使う

6 あともう少しというところで別れる

7 ピークとエンドは笑顔で!

8 私生活を公開して日常的に思い出させる

9 視覚的にインパクトあるものを身につけ、記憶にとどめる

10「声」「BGM」「言葉」によって記憶にとどめる

そもそも魅力を感じない人には効果はないという分析もあるようですが、やってみなければわかりません。

時間差で「香水の香り」やあなたの「褒め言葉」なども複合的に記憶に絡まり、気づけばずっと思い出しているということに。

あくまでも自然にサラッとした接触を試みましょう♪

ダメな時は潔く離れることも相手に対する愛情の1つです。

また、いくら頑張っても最初から印象が悪い場合は取り返せないこともあるかもしれません。

その人との関りだけを大切にするのではなく、日々接している人とのかかわり方が良いご縁を繋ぐこともお忘れなく。

あなたの恋心が成就しますよう、心から応援しております(*´ω`*)