エネルギーバンパイアを治すには?あなたは大丈夫?脱バンパイア法

 

こんな経験はないでしょうか?

人に悩みを聞いてもらったら元気が出た

励まされたら元気が出た

会うと元気になれる人がいる

これは、人からエネルギーをもらって起こる現象です。

つまり、エネルギーを奪っているとも言い換えることができます。

そう!エネルギーバンパイアになってしまっているのです。

ちなみにエネルギーを抜かれた人はというと…、

マイナスの感情になる、異常に疲れた、なんだかだるい、頭痛がする、吐き気、めまいなどなど。

エネルギー低下による体調不良を引き起こすことがあります。

ガーン……(;゚Д゚)

「エネルギーを奪って人に迷惑をかけていたなんて…」

実は、多くの人が気づかないうちにエネルギーバンパイアになってしまっているのです。

というわけで、今回のテーマは脱エネルギーバンパイア。

かなりスパルタで書きました(。-∀-)ニヤリ

自戒の念がこもっております_(_^_)_

エネルギーを奪う側から与える側へシフトしていきましょう♪

セルフエネルギーバンパイア度チェック

簡単に言うと、エネルギーバンパイア=構ってちゃん。

この構ってちゃんの種類は様々ありますが。

共通しているのは、人の気を引こうとする自分のことしか考えていない、ということ。

もしかしたら、無自覚でエネルギーバンパイアに変身していませんか?

エネルギーバンパイア状態の時、どのようなことをしてしまうのか見ていきましょう。

〇生気がなく常に疲れている

疲れ切っている状態です。

バンパイア化してしまう人は、一見物腰柔らかで優しげな人だったりします。

つまり、自分の本心や意見を隠し、喜怒哀楽の感情を表に出せない人が陥りやすいということ。

普段、感情を出さずに理想のいい人を演じていませんか

〇自己評価が低い

自分に自信が持てないから、誰かに認められたくなって構ってちゃんに変身してしまうパターンです。

「私は〇〇じゃないから…」「全然ダメなんだよね~」と発言することで、皆にフォローさせるという風にエネルギーを奪っていませんか?

また、自分のしたことの責任を受け止めずに、誰かを強く批判することで人のせいにすることもまた、エネルギーを奪う行為です。

人に好かれたい八方美人

自分で決めるのが苦手。

いつも「私は何でもいいから、決めていいよ~」と言ってはいませんか?

本当に本心でしょうか?

何にもこだわりがないのであれば問題はありません。

けれども、誰かに決めてもらえば、相手は思い通りになって喜ぶし、自分は良い人でいられる。

そんな良い人仮面を自分の中に感じている人は気を付けましょう!

実は不満を抱えているのに、言いたいことが言えないのならば、自分のエネルギーを下げています。

誰かに相談して話を聞いてもらいたくなる

完全に依存している状態です。

私も以前、散々人に話を聞いてもらった挙句、その人の意見は聞かずに自分の思い通りに行動していました(。-人-。) ゴメンネ

相談する前から自分の中では答えが決まっているのに、相手に「それで良いんじゃない?」と言ってほしいがために、時間を奪っているのです。

友人の話も長いことよく聞いてあげた記憶があります。

けれども、結局私の意見は全く聞いていないわけで…(-_-;)

あの長い時間は何だったの?と思いました。

相談するというのは、相手から相当エネルギーを奪っているので、要注意です!

人の批判、愚痴、不平不満を言う

なぜ人に対して不平不満を言いたくなってしまうのでしょうか。

これは根本的に人に対して依存心があるということ。

そして、自分が絶対的に正しいと思いすぎていることが原因です。

たとえば、「どうして自主的にゴミ捨てしてくれないわけ”(-“”-)”?」

と怒りが生まれてしまうのは、「相手がやってくれるもの」という依存心があります。

1人暮らしの場合は自分でやるものですから、腹を立てることもありませんよね。

これも甘えの1つということです。

批判・愚痴・不平不満はエネルギーを奪うだけではなく、マイナスのエネルギーを発します。

信用を落とすきっかけにもなりますから、できるだけ言わないように気を付けたいものです。

マイナス思考でいつも心配や不安が先に立つ

心配や不安を覚えることは、先々のことをよく考えることで仕方がないことではないか?

そう思われるかもしれません。

けれども多くの人が起こってもいないことに対してずーっと悩み続け、ただ妄想しているにすぎないのです。

「それって本当に起こりましたか?」

予想していたことが実際に起こった、という方は自らが悪い出来事を引き寄せてしまったのかもしれません

それも不安や心配しすぎるマインドからきています。

何か起こりそうだと感じたら、理性で対処法を考え冷静に行動すれば良いだけ。

むやみに感情に振り回されて、自らエネルギーを下げ人生を台無しにする生き方では、何も生み出さないのです。

世間体を気にする、プライドが高い

誰かに見せるために人生を生きていませんか?

「〇〇さんに馬鹿にされたらどうしよう…」

「世間に何て言われるか」

では、世間が自分の人生を肩代わりしてくれるのでしょうか。

完璧を装うこと、人に良く見られることばかり気にしていると、振り回されて生きることになります。

見栄や虚栄心は結局他人軸であるということ

そして、こうすれば確実に評価されるということはありませんから、望む反応がもらえなければせっかく褒めてもらおうと頑張った努力が無になります。

他人の目ばかり気にしていれば、疲弊してしまいエネルギー切れを起こすのは当たり前のことです。

自分には価値がないと思っている

「自分には何も価値がない」

そう思っている人が多いようです。

けれども、初めから「これ!」というものを持っている人のほうが圧倒的に少ないのではないでしょうか?

上手くいっている多くの人は、人に見えないところで人知れず努力しているものです。

ただ、それを見せるのが格好悪いから隠しているだけ(笑)

良いよね~、あなたは色々できて」発言。

私も以前はそう思っていましたし、言っていました。

でもこの発言はスポットライトが当たっている一部分しか見ていないのかもしれませんね。

「あ~、この人は私のことを何も理解していない…」

と、知らないうちにエネルギーを奪うことにつながります。

人の幸せを喜べず、妬む

自分が満たされていないと、隣の芝生は青く見えるので、つい幸せそうな人を攻撃したくなることもあるかもしれません。

先ほども述べましたが、生まれたまま何もせずに技術や才能がある人はごくごく一部です。

皆何かしらの努力をしているからこそ、輝ける場が与えられているもの。

また、他人と自分とでは光が当たるタイミングも違います。

もし、自分が上手くいっているときに思い切りねたむ人がいたらどうでしょうか?

…何だか悲しいなぁ(◞‸◟)

分かってほしい、愛されたい、私を見て!

「トリセツ」なんて言葉が流行りましたが、自分の取り扱い説明書をごり押しする人は、間違いなく奪っています。

「自分はこんな人間だから~」

と言われましても…(;^_^Aです。

考えてもみてください。

自分の周りの人に、「私ってこんな人だから、〇〇な時はこうしてください」という人ばかりだったら。

うんざりして山に籠りたくなりませんか(苦笑)?

植物が枯れる

これはどう見てもエネルギーが足りていませんね。

植物たちは持ち主にエネルギーを与えて、代わりに枯れていくのです(いきなりスピリチュアルですが)。

もっと現実的に話しますと、植物まで気持ちが向かないほど余裕がない暮らしぶりをしていれば、それは枯れますよね。

水をあげてないとか、お日様に当てることに気がまわらないわけですから。

こういう現象が実際に起きてきたら、心が明るくなるようなことを沢山してチャージが必要です。

家族やペットが病気になる

もしかしたら、これも身代わり現象かもしれません。

自分が元気がないとき、心配してくれる人が自分のエネルギーを分けてくれ、身代わりになってくれていることもあるということです。

人に甘えられない人は自分で抱えすぎないように、むしろ甘えるようにした方が良いですが。

持ちつ持たれつですからね。

気づかないうちにエネルギーを奪っている状況からは脱した方が良さそうです。

そして誰かに自分の元気のないところを見せるのは、エネルギーを奪っているという自覚をもちましょう。

常に上から目線で相手を攻撃したくなる

先日カフェでおじさん2人のやりとりが聞こえてきました。

教え教えられの立場だったようで、一方がねちねちと叱責し、もう一方が弱々しく従っている様子。

こういうのを見ると、今ではあまり心を動かされなくなりましたが、あまり良い気はしないものです。

攻撃している側は、相手からエネルギーを奪うことができます。

なぜなら、自分の方がいかに優れているかを見せつけることができるからです。

でも、本当に自信がある人は、相手を下げて自分が浮上しようなどとは思いません。

相手に対して強い言葉が出てしまう人は要注意。

自分の心の中で、相手より優位に立ちたいという気持ちがありませんか?

また、もう一方のただただ従うだけも依存心があるため、「この人の言うことを聞いておけば良い」という風にエネルギーを奪っているわけです。

ですから私は心の中で「エネルギーを奪い合っていて、意外とちょうどいいのかも(^▽^;)」なんて思いました。

エネルギーバンパイアに豹変してしまうのはなぜ?

どうしてエネルギーバンパイアになってしまうかというと、ズバリ自分の中の愛情が枯渇しているからです。

愛のエネルギーが足りなくなると、誰かに構ってほしい「構ってちゃん」に大変身してしまいます。

そうならないためにも、他人からエネルギーを奪わない努力が必要です。

奪うことは簡単ですが、人間関係で大切なのはいかに奪わないか。

どうしようもない時は頼っても構わないと思います。

ただ、常に頂いたエネルギーと同じ分、またそれ以上お返ししようという気持ちでいることが大切(^^)

自分から与えようと思う人には、愛の循環ができていずれ自分にまた還ってきますよ。

エネルギーギバーになる方法

さて、今度はエネルギーバンパイアにならない方法、もっと欲張って与える人になる方法を考えてみました。

その名もエネルギーギバー

誰しも本来は心に温かさをもっています。

今は少しエネルギーが切れているだけ。

心の中の愛のエネルギーを満タンにするために心がけたいことです♪

では早速見ていきましょう(^^)/

自分のエネルギー状態を自覚する

私もつい最近までエネルギー状態なんて意識することはありませんでした。

意識するって…?

これは、常に感情に乱されずに「ごきげん」でいられるかどうかを意識する、ということです。

自分のごきげんレベルを測ってみると良いですね。

「今日の私は10段階の7だな」

という感じです。

毎日スケジュール帳の片隅に数字を書いていけば、自分の感情の波がわかるはず。

何が原因で下がっているのか、まで把握するなど自己分析の習慣をつけると、感情をコントロールできるようになってきます。

精神的に自立する

何かが起こった時にすぐに人に頼ろうとするのではなく、まずは自分でどこまでできるかを考えてみることです。

悩み事があるときには、理性で冷静に何ができるのか具体的にできる行動のみを考えます。

「どうしてこんなことが起こってしまったんだろう…」

と感情に振り回されないこと。

自分の感情が暴れてしまうと、エネルギーが失われる一方です。

起こってもいないことを心配しすぎるのも疲弊する代表格ですね(;^ω^)

実際、心配事が現実化したらどうなるのかを考えてみれば良いのです。

すると、案外大したがないと気づけます。

大切なのはいつも理性です。

自分さえ自分のことを分かっていれば良い!と腹をくくる

エネルギーバンパイアの特徴は、誰かに自分のことを分かってほしい!と渇望することです。

でも!ですよ。

たとえばそこで誰かに自分のことを話しまくるとします。

私の話を聞きまくってくれた相手は、きっと疲れちゃいますよね(;^ω^)

相手のエネルギーを奪うことになってしまっては理解する以前に嫌われてしまいます。

むしろ、誰に理解されなくても良い、と腹をくくっている人は潔く見ていて清々しいものです。

誰かに認めてもらいたい、特別に扱ってほしいという甘えから脱し、分かってもらうのが当たり前と思わないこと。

無自覚に分かってもらえないことに腹を立て、相手を攻撃してしまう人が多くいます。

実は、分かってもらえない方が当たり前で、分かろうとしてくれる人がいるならばこんなにありがたいことはないと感謝の念をもつこと。

そうすれば相手に期待せずに済みます。

自分が正しいと思いすぎない

職場で声高らかに自分の正当性を主張する人を多く見てきました。

そして、それが自然になり私も意見を主張していた時もあります。

でも今はわからなくなりました。

本当に自分が100%正しいということはあり得るのでしょうか?

何か問題が生じたとしても、雨降って地固まるでむしろ乗り越える経験が必要なこともあります。

悪役サイドから見れば、今度はヒーローが悪役に見えるでしょう。

物事は全てが調和していて、どちらか0か10かということはないのです。

意見を主張する時に意識したいのは、「認めてほしい」欲のために言っているだけではないかということ。

無私の気持ちで話せているかどうか、自分をよく分析してみると良いですね。

何かが起こった時は、目的論で考えてみる

8割9割の人は、物事を原因論で考えています。

つまり、「どうしてこのことが起こったんだろう?」

という考え方です。

人生には自分の力ではどうしようもないことが起こります。

そんな時、人は「何が原因で起こったんだろう?」と自分以外のところに原因を求めがちです。

目的論はこれとは逆で、「何の目的で自分はこの問題を引き起こしたんだろう?」と責任主体を自分にしてしまう考え方

そういう設定にしてみるのです。

自分で人生を切り開けるようになるということが、この思考法の最大のメリットになります。

「起こる様々な事象は、自分が望んで引き寄せたことだったのか( ゚д゚)ウム」

と思えば、何かに対して攻撃したくなる気持ちが不思議と消え、自分の気持ちにスキがあったことを素直に認めることができます。

何事も100%はないので、何か自分にも負のできごとを引き寄せる要因があったと、素直に認められるようになるのです。

「自分がなぜそのできごとを引き寄せたのか」と目的論的設定で考えてみることは、意外にも自分を救うことにつながります

嫌われてもよいという逞しさをもつ

「嫌われたらどうしよう」

「良い人に見られたい」

と外面を良くした結果ストレスを抱え、ネットで悪口を書き込む人が増えてしまった現代。

そんなに良い人になりたいでしょうか?

もっと自分を大切にする生き方もあります。

たとえ嫌われてもいいから自分の本心に嘘をつかない生き方をすれば、もっと楽になれるのです。

ただ、むやみに正直に伝えるだけだと角が立つので、大人の言い方を身に着けることですね。

たとえば、伝えたいことを笑顔で話すこと。

笑顔で話すとなぜかすんなりと受け入れられるのが不思議です。

また、相手に何かを伝えることは愛情をこめて伝えること。

耳が痛くなるような話でも、「こんなに心配してくれているのか」と思えばありがたいものです。

誰かに合わせて生きるのは短期的には楽な方法かもしれません。

けれども本心を偽り続けることでエネルギーを下げかえって人から奪っていたのでは、問題を先延ばしにした上に迷惑をかけている状態です。

コミュニケーションから逃げずに、相手と向き合い伝えることから逃げない

そんな強さをもちたいものです。

不平不満はやっぱりアウト

人の悪口は面白いですからね~(ΦωΦ)

陰口の楽しさから、職場のいろんな人を見ては粗探ししてしまうダークサイドに落ちる人は多くいます。

ただ、不平不満や愚痴はマイナスの強いエネルギーを発します。

そして何より信頼を失う行為です。

自分がジャッチする立場にいる、という驕り。

また、人と比較して羨んでしまう弱さ。

自信のなさから人を批判しておとしめようというするずるさ。

まずはそんな自分を正確に見つめましょう。

なぜそんなことをしてしまうのかというと、多くは自信のなさが原因です。

相手をどうこう言える人は1人もいないのではないでしょうか。

羨む前に努力せよ

「あの人良いなぁ…」

と、指をくわえていたり、陰で粗探しをしてしまったり…。

人は弱いものです。

羨む気持ちは良いことで、そうなりたい!という自分の本心に気づけたということ

問題なのは、「ああなりたいけど、努力をするのは面倒くさい」という本心を隠していることです。

だから「才能がもともとある人と自分とは別物」ということにしたいのではないでしょうか。

多くの人が努力することなく、羨んで妬んでひがんでしまいます。

他人の光が眩しい時は、その人の影も含めて憧れることです。

うらやましければ自分が磨いて同じだけ価値ある人間になれば良いだけ。

自分だけの光を探すにはやはり努力が必要不可欠なのです。

自分の価値観を持つ

自分軸で本心に従って生きることができれば、他人と比較せずにすみます。

「あなたはそう思っているのね」と相手の価値観も認めつつ、自分との違いを探ることが本当の理解です。

本当の歩み寄りは、自立から始まります。

自分はどんなことを大切に思っているのか。

譲れないことは何か。

誰に言われてもぶれない軸はありますか?

あなたはあなたで良いのです。

合わせることが美徳だと日本人の本来の考え方を間違って捉え、皆個性を失っています。

もともとは八百万の神の国。

個性豊かなキャラクターをしっかりと持ちながら調和するのが日本なのです。

自分をしっかりもちながら、相手と調和してく方法を模索することが真のコミュニケーションといえます。

自分1人でエネルギーを高める方法を見つける

嫌なことや元気がない時、すぐ誰かに頼るのではエネルギーを奪ってしまうことになります。

できるだけ1人でエネルギーを回復させる方法があれば、より自立することができ、また人にも与えられるようになりますね。

ではどのような方法が良いのでしょうか?

ポイントは、テンション系ではなく、地味に身体の奥から回復するような方法を選ぶこと。

以前私は1人カラオケによく通っていました。

これは半分良くて、半分違ったなと今では思っています。

ノリが良い曲を選んで歌いまくると、テンションが上がりますが後でド~ッと疲れてしまうんです。

これがテンション系は×とお伝えする大きな理由。

テンションの上がり下がりは精神的に大きな負担となり、最悪うつ状態になる人もいます

ですから、普段からテンションを上げすぎるのはあまり良くありません。

本当に真にエネルギーを上げる方法は、結構地味なものです。

たとえば…

・愛情のこもった、良い素材の料理を食べる

・リラクゼーション・整体に行き身体を整える

・質の良い素材の下着や服を着る

・熟睡できるように寝具にこだわる

・クラシック音楽を良い音響で聴く

・お寺巡りや日本画に触れるなど、日本の詫び寂びのような奥深い文化に触れる

・森林浴

・浜辺でボーっとする

などなど。

地味だけれども、まったり、しみじみ、心の奥底から感じる幸せ。

それが本当にエネルギーを回復させてくれます。

衣食住にこだわり、自然との一体感を感じ、質の高いものに触れる

つまり、丁寧に生きることです。

日々触れるものにこだわり丁寧に接することで、心が深く満たされます。

すると、人から与えられなくても自らの心がまるで井戸のように愛情あふれる存在になることができるのです。

ちなみに、以下の記事にも自分のエネルギーを高める方法を書いていますので、宜しければどうぞ(^^)/
エネルギーバンパイアの特徴は?こんな顔の時は気を付けよう

まとめ

か・な・りスパルタでいきました(~_~;)

そんなことできないし!と思われたかもしれません。

確かに最初から完璧は無理です。

ただ心がけることで、まずは人から奪うエナジーバンパイアから自立した人間へステップアップ。

そして、多少人にエネルギーを奪われても次々自分の中から湧き出るような、愛に満ちた存在へとなることができます。

現代は皆疲弊しきっていて、誰かからエネルギーを奪うことが当たり前な時代となってしまいました。

なぜエネルギーを奪うかと糸、本当の愛情に飢えているからです。

でも青い鳥のように、実は本当の愛情は自分の中に存在するもの。

それを自覚し与える存在へシフトしようと思った瞬間から、成長が始まります。

辛い苦しい状況は確かにありますが、本来のあなたのエネルギーをぜひ温め、育てていかれることを応援しております。

私も脱バンパイアできるよう励まなくちゃ~…(~_~;)