左右で顔の印象が違う!左右対称美人になるための新習慣

「利き顔」って知っていますか?

芸能人の宣材写真をよくよく見ると、実は同じ方向からしか撮っていない人が結構いるんですよね。

あれって、自分の顔を左右見比べてみた時に、明らかに右からの方が可愛いな!とか左の方が自信ある!と考えて撮っているってことらしいです。

「ネクスト・マライア」として圧倒的な歌唱力を誇るアリアナ・グランデは、左側からしか写真を撮らせないことで有名だったりしますよね。

人それぞれで「こっちの方が自信がある」という側面があると思います。

ちなみに自分の利き顔が分からない方は、鏡を見ながら次のことをチェックしてみて下さい。

・筋肉が発達していて、表情がよく動く方はどっち?

・口角がより高く上がっているのはどっち?

つまり、より美しく見える「利き顔」は、筋肉の動きが柔軟で表情が豊かな方を指して言うらしいです。

利き顔があるということは、言い換えれば「歪み」があるということにもなります。

その歪みは毎日の生活習慣が原因となって、そのまま顔に表れているのです!

できれば「どっちからでも撮ってOK!」「真正面が一番自信あり」な左右対称美人になりたいですよね。

いつでもどこでも気づいたときに意識すれば、左右対称美人に近づいていく方法をご紹介します。

左右の顔の歪みをセルフチェック


自分の顔の歪みや、左右による違い、高さをチェックしてみましょう!

私はメガネを掛けると、若干ですが左側が高いことに気づきます。

目の大きさが違ったり、顔のラインや頬の高さなんかも違ったりすることがあるので、まずは正確に把握しましょう。

簡単な歪みチェック方法その1

10秒間目をつぶり片足で何秒立っていられるかチェック

~年齢別の平均~

20-24歳 56-19秒  25-29歳 61-21秒
30-34歳 55-19秒  35-39歳 45-15秒
40-44歳 35-12秒  45-49歳 27-10秒
50-54歳 21-08秒  55-59歳 14-06秒

簡単な歪みチェック方法その2

その場で足踏み50回チェック
注意1:床に何か印のようなものをつけておきましょう。
注意2:目をつぶり、腕を大きく振りながら太ももを高くあげて足踏みをしましょう。

目を開けてどこで止まったか立ち位置を確認します。

右・・・右肩が下がっている。全体的に右側にずれている。
左・・・左肩が下がっている。全体的に左側にずれている。
前・・・猫背。長時間の前かがみの作業の影響?前側にずれている。
後・・・猫背。骨盤の位置が後ろ側にずれている。

簡単な歪みチェック方法その3

顔の対称性を測るアプリがあるようなので、ご紹介しますね。

Face Points

顔の対称性

顔が歪んでいると、見ている側に違和感を感じさせてしまいます。

また、長期にわたって放っておけば老け顔になり、歪みんで顔が大きくなる原因になるのです。

左右の歪みは毎日の積み重ねが原因!


ここでとっても大切なことをお知らせします(‘ω’)ノ

それは、毎日のちょっとした動作が大きな歪みの原因だということです。

たとえ一時的に体操したり整体に通ったりして歪みが解消されても、日々の生活が同じ繰り返しであればまた歪んでいきます。

体のゆがみの原因は?

私はいつも左側の肩に鞄を下げる癖があります。

足を組むのが習慣になっていたりはいませんか?

あと立っている時に左右どちらかに重心をかけてしまったり、寝ている時にいつも同じ姿勢になったりしている人も要注意ですね。

左右対称美人を目指すには、こういった日々の生活を見直す必要があります。

というか、そんなに難しいことではなくて、例えば左肩にかけている荷物をたまに右側にかけてみるとか、体をバランスよく使うことで自然と癖が直っていきますよ。

何年後何十年後の美しさは、日々の生活から作られるということなのです。

左右対称美人になるために意識することは…?


さて、ここからが本題なのですが。

どっちから見られてもOKなシンメトリー美人になるための方法は、巷に溢れています。

メイクや体操・ツボ押し・整体などなど。

これらは一時的に改善してくれる方法ではありますが、生活習慣を変えなければせっかくやっても元に戻ってしまいます。

自分の日々の習慣を見直すことが美しさを持続させるコツ!

ここでお伝えするのは、顔を触らずにシンメトリーに近づく方法です。

「骨格や筋肉が歪みにつながってるんじゃないの…?」

それらは人体の外側にあるものですよね。

実は一番顔に影響を与えているのは、「脳」の使い方なのです。

脳をどう使っているか顔の形から読み取る、パーソノロジー(最新人相学)という学問もあり、顔を見るだけで内面を見破ることもできてしまうとのこと。

つまり、左右対称的なシンメトリー美人顔に近づくためには、脳をバランスよく使うことが大切だということになります。

右脳派・左脳派あなたはどっち?


脳は右脳と左脳に分かれており、それぞれ別の機能を果たしています。

~動物的な脳である「右脳」~

衝動的・感覚的・未来志向・芸術的・探究的・映像的

~人間的な脳である「左脳」~

論理的・数学的・過去志向・科学的・前例主義・言語的

実は、日本人の7~8割は左脳優位だというデータがあります。

あなたはどちらのタイプだと思いますか?

右脳派・左脳派診断

余談ですが、「本音は顔の左側、建前は右側に表れる」と言われていますよね。

これは左右の脳が反転して、顔の表情反映されるからです。

相手の真理を読み解く時には、是非左側の顔にご注目ください(笑)

では、どちらかに偏っている人はどうしたら良いかというと、「使っていない方を鍛えれば良い」ということになりますよね。

左脳を鍛えたい場合

・パズルに挑戦する。
・計算問題集を解く。
・推理小説を読む。
・自己流ではなく、説明書などを理解する。
・論理的に物事を考える。
・筋道立てて考える。
・客観的な分析をする。
・計算をしながら買い物をする。

右脳を鍛えたい場合

・展開図の問題を解く。
・仲間外れ問題を解く。
・音楽を聞く。
・なりたい自分をイメージする。
・感情表現を豊かにする。
・人の気持ちを想像する。
・地図を見て現在地を空間的に認知する。
・暗記力を鍛える。

仕事のできる人は脳の使い方がうまい!


右脳と左脳をバランスよく使うということは、左右対称美人になるだけではありません。

仕事ができる人は、脳の使い方がとても上手い人といえます。

1つの仕事をただひたすら同じ方法でこなすのが得意な左脳と、その仕事を俯瞰して眺めどうやったら処理速度を上げられるかと考えるのが右脳。

与えられたことや1つのことに実直に向かう姿勢も大切ですが、主観から抜け出し全体をイメージして複数を同時平行にこなしていく能力が欲しいという人は是非右脳を鍛えてみて下さい。

その両方を駆使することによって、スピード感をもって仕事をこなすことができるのです。

仕事とプライベートのバランスを取ることも同じ。

仕事ばかりしていては心が疲弊してしまい感情がうまく表現できなくなってしまいます。

時には頭を使わずに思い切り無心で遊んでみたり、いつもの自分がしないことに挑戦してみたりすることは、バランスを保つために必要なことです。

毎日同じことの繰り返しでは、同じ機能しか使わないことになり、思考も体も偏りのある人になりそうですよね。

脳の偏りをなくすということは、普段と違う行動をしてみるということです。

座り仕事の人はアクティブな運動を取り入れたり、常に動き回って仕事をしている人はじっくりと腰を据えて行うものを日常に取り入れてみることをおススメします。

まとめ


いくらお手入れや体操を取り入れても、大元である脳をバランスよく使えていなければ顔に歪みが生じてしまいます。

「顔は脳の突起物」と言われていますから、日々の脳の使い方がそのまま顔に形となって表れてしまうからです。

これは顔の造形だけの話ではありません。

生き方そのものが、自分の顔となるということです。

脳を活性化させることは、ストレスを軽減させ本来の能力を開花させ、自分の力を最大限に発揮させることにつながります。

もっと人生をパワフルに生きられそうですよね。

早急に歪みを直したい!という人は体操やエステで一時的に体をメンテナンスをするのが即効性があります。

それを持続させ、更に人生を楽しく力強く生きるために、是非普段の脳の使い方を意識してみてはいかがでしょうか。

脳をバランス良く使って、心身ともに健康的な左右対称美人を目指しましょう♪