自分にとって縁のある職場はどこに?スピリチュアル的に見極める方法

仕事は一生の悩みです。

どこで働くのか良いのか。

自分にぴったり合う職場はあるのだろうか?

ご縁のある職場がどこか他にあるのでは…?

仕事で躓いたり、理不尽なことをする上司がいたり、やりがいを感じられない仕事をしたりしていると、ついつい悩んでしまいますよね。

多くの人が、お金を貰うためにと超過労働や合わない人間関係などを我慢しながら生きています。

よく言われるのは、「給料は我慢料」。

我慢するのが当たり前って、本当にそうなのでしょうか?

逆に、ここが自分の居場所だ!と思える職場に出会えれば、人に役立つ喜びに溢れた働き方ができるようになります。

人生の多くの時間を費やす職場なのですから、受け身ではなく働く環境にこだわるのはとても大切なことです。

自分の人生を賭けて「ご縁のある職場」探し、してみませんか?

職場の見極め方が様々ある中で、今回はスピリチュアル的な見極めポイントをご紹介します。

良い職場を探すための人生の大切な優先順位

人生を歩む上でとても大切な価値基準があります。

人によって順位が異なるのではなく、これを優先すると幸福度が上がる優先順位の付け方があるのです。

それは、「⓵誰と ⓶どこで ⓷何を」の順番。

仕事を選ぶとき、つい「何をしようかなぁ」「何をすることが自分に合っているのかなぁ」と考えてはいませんか?

いくら適した仕事内容を選んでも、誰と仕事をするかがズレてしまうとその職場は長くは続けられないものです。

反対に多少経験のない仕事内容でも、自分が受け入れられ心から信頼できる仲間に囲まれていると、能力以上の力を発揮することだってできます

一番優先しなければならないのは「誰と」なのです。

何をするかは最も優先順位が低く、最後に考えても何とかなります。

「こんな仲間と一緒ならば、どんなことでもできる!」という職場ならば、まさにご縁のある職場です。

ご縁のある職場かどうかは、あなたの皮膚感覚で見極めることができます

今の職場にご縁があるかどうか、それでは見極めていきましょう。

ご縁を感じる良い職場の仲間とは…?

さて、そもそもどのような関係性が良い関係と言えるのでしょうか。

たとえば職場だけではなく、困ったときにいつも頼ることができ甘えられる人は、実はあまり良い関係とは言えません。

どちらか一方が依存し「水臭い」という言葉によってずかずかと踏み込むことで、相手を疲弊させてしまうからです。

それでは、良い仲間たちとの関係性の特徴をいくつか挙げてみますね。

◆一体感のある仲間である◆

・自分のためではなく「お客様のため」「仲間のため」を思って働いている

・目の前の課題に向けて同じ理想や目標を抱いている

・お互いを信用・信頼している

・仕事を任せられる

個性的でいられる

◆与えあう関係性である◆

・「勝ちたい」というよりも共に未来に向かうを喜びを共に感じられる

・本当に相手の幸せを願って仕事をすることができる

・結果だけではなく、過程や「どのように」も大切にする働き方ができる

・共有できる文化がある

これはあくまでも理想ですので、なかなかこうはいかないかもしれません。

けれども、相手との交流が図られず「自分だけが良ければいい」という人たちの中にいると、疲弊して人間としての感情を失ってしまいます。

そしてできれば共通のプロジェクトを行う時には、意見の違いはあっても心を1つにできる仲間と共にいたいものですね。

離れた方が良い、ご縁のない職場は?

さてここからは少しスピリチュアルな内容に入っていきます。

人生の優先順位が最も高いのは「誰と」であり、良い関係性はどのようなものかというお話をしました。

その関係性はどのように見極めれば良いでしょうか?

そこでスピリチュアル的感覚を研ぎ澄ませてみましょう。

まずは「ご縁のない職場」ではどのような感覚になるのか、そちらの感覚からご紹介します。

◆スピリチュアル的ご縁のない職場での身体的感覚◆

・何かをする時に、無意識にびくびくしてしまう

・気づくと肩が上がり、緊張している

・家に帰るとド~っと疲れる

身体に良くない物を食べたくなる

・無償に買い物をしたくなる

・驚くほど物事が進まない、流れがストップしてしまう

いかがでしょうか?

合わない場に長く居続けることで、身体が拒否反応を起こしている・または無理している時に起こる反応です。

殺伐としてお互いを認め合うことができない、皆が感情を押し殺し発言を容易にできない雰囲気がある。

また、意見を少しでもしようものなら「あんた、何言ってんの!?」とばかりに押しつぶされるような圧力が強く、個性が発揮できない職場。

そんなところでは萎縮してしまい、自分の本力など発揮できるはずがありません。

何をするかを第一優先で選んでも、周囲の人によって力を生かせるか生かせないかが決まってしまうということです。

ですからやはり、「誰と」を最優先に考えることをおススメします。

上記の項目に複数当てはまる人は要注意!

そろそろその職場から離れるタイミングが来ているのかもしれません。

良い職場にいる時って、どんな感覚?

では反対にご縁のある良い職場にいる時は、どのような感覚になるのでしょうか?

この感覚を掴んでおくと企業見学などに行ったとき、「あ!この職場良いな」とすぐに気づくことができます。

ご縁のある良い仲間たちに囲まれたときに、どのような感覚になるのでしょうか?

◆スピリチュアル的ご縁のある職場での身体的感覚◆

・首や肩が、もしくはあまり意識しなくても疲れない

リラックスでき職場に行くのに抵抗感がない

・一日が終わると爽快な疲れとともに明日への意欲に心が躍る

・旅行や買い物やイベントなどで節目を作らなくても充実している

・悩みがあってもいつもご機嫌で何とかなると思える

・仕事上の躓きがあっても、思わぬところから助けが得られる

ご縁のある職場でのコミュニティは、お互いの良いところが引き立つ関係性でいられるため、とても皆が個性的でいられます。

何よりも、自分の欠点が目立たず、むしろそれによって愛される雰囲気が作られます。

自分を解放できる喜びの中で、自分の能力以上の力を発揮することができるのです。

信頼し合える仲間がいれば、多少のトラブルも乗り越えられる、むしろそれを超えていく過程を楽しめるようになります。

「こうあらねばならない」と圧力のかかる環境は、自分を押し殺すことになりますが、ご縁のある職場では逆に自分が生かされるようになるのです。

「誰と共に仕事をするか」がとても重要であることの最大の理由は、このように自分を最大限に生かすことができるようになるため。

誰と生きるか、同じ時間を過ごすかは、人生の充実感をも左右するとても大切なことなのです。

今の職場でご縁を紡ぐ!力わざはコレ!

今の職場を考えてみたときに、ご縁のある職場だと言える人は少ないのではないでしょうか?

「でもすぐに辞めるわけにもいかないし…」

よっぽど八方塞がりでどうしようもなく、人生の悩み事の9割が職場でのできごとである時は辞める決断もしやすいものです。

けれどもそこまでいかない場合はなかなか判断がつきませんよね。

そんな時はどうすれば良いかというと、それはただ1つ。

自分が熱く燃えて職場を変えていくこと」です(*´ω`*)

かなりストイックコースとなりま~す(笑)

つまり、明らかにご縁のない職場にいると確信が持てる場合の選択肢は、

1「辞める」

2「ストレスを溜めて追い込まれる」

3「自分が変える!と腹を決める」

以上の3択になる訳です。

多かれ少なかれ、2つめの「追い込まれる」選択肢では、なにかしらの問題が起き長くは続けられないでしょう。

ですから実質2択なのです。

さて、あなたはどちらを選びますか?

潔く立ち去るまで決定的なことが起こってはいないけれども、非常に苦しい立場に置かれているあなたは、是非一度ストイックコースを試してみませんか…(。-_-。)

と、いうわけで。

「熱く燃えて、職場を変えていく」という勇気ある選択をしようとお思いの方に、その方法をこれからお伝えしていきます。

辞めるわけにはいかないけれども、同じ状況で続けるのも苦しい

そんな時の対処法から周りを盛り立てていく行動です。

◆職場でのご縁を増幅させる方法◆

自分のご機嫌は自分でとると決める(精神的自立)

・相手は変えられないと諦める

・それでも熱意をもって関わり続ける

・与えられた仕事に工夫して取り組み、どうしたら解決できるか楽しむ姿を背中で見せる

・納得いかないことがあっても、自分が正しいと思わない

・達成感や自己満足に陥らず、仲間への感謝や共有に重きを置く

・自分のためを極力消していき、他の人のためにを祈りながら働く

・自分の無力感を知り、人に弱みを見せ、協力を求める

結構な、いばら感ですよねぇ。

でもこれができたら最高にカッコイイ!と思っています。

まずは自分は誰かに依存することをやめて、自分の感情に振り回されないと決めるのです。

そして無私の心でひたすら懸命に働き周りと和合していこうとする姿を、背中で語るというストイックコース

精神的にかなり鍛えられそうですよね。

でも、大丈夫!誰かが必ず見ています。

あなたの賢明な姿を見て、1人でも2人でも賛同してくれる人が増えていけば、何かが確実に変わっていきます。

ご縁もどう生かすかは自分次第だと思うのです。

また、自分ができるだけの最大限の努力をして、それでもダメだったらふんぎりがつく。

ならば次に進めば良いのです。

絶対に後悔しないご縁のある職場選び|3つの方法

さて、自分の力ではどうにも変えられない環境も確かにありますよね。

そんな時は、その環境からの卒業だと割り切り転職をしてみるのも良い選択であると思います。

大きな選択となるため本当にこれで良いのか迷いますが、その時の参考になればとこんな記事を書いてみました。

人生の転機!転職の決断を後押しするスピリチュアルメッセージの捉え方

そして、職場を去る時の美学はこちらです(。-_-。)

大人の去り際の美学|職場の美しい去り方

ではここからご縁のある職場選びの方法を3つお伝えします(^^)/

1、あなたの望む仲間・職場を引き寄せる方法

あなたはどんな人と働きたいですか?

例えば、

「努力を惜しまない人」

「相手を思いやれる人」

「仕事に対して熱意を持っている人」など。

人によって様々だと思います。

まずはそれを自分の中でハッキリさせると良いですね。

方法は、引き寄せの方法と同じです。

自分が理想とする仲間たちを紙に書き、天にオーダーすると良いと言われています。

「こんな人いるのかな?」

「こんな環境があったら最高だけど…?」

と多少?が付くぐらい最高の人や環境についてオーダーするのです。

現実は無視するというのが鉄則。

あとは忘れておきましょう。

職場選びの前に選ぶこと

仕事選びは生きることと直結しています。

まさに人生を賭けた大勝負となるわけです。

ここで手を抜いては後々後悔することに繋がりかねません。

そして自分一人では良い職場選びに不安がありますよね。

そこで大切なのは、見方をつけること。

つまり、エージェント選びから本腰を入れることがとても大切です。

1社2社で決めるのでなく、納得いくまで当たり続けることがあなたをご縁のある職場へと導いてくれます。

では、どのようなエージェントを選べば良いのでしょうか?

大手の会社?エージェントの年齢?

大切にしたいのは、あなたの経緯や価値や職場選びの観点に、どれくらい興味関心を持ち親身に対応してくれる人かです。

多くのエージェントはどことマッチングさせるかを条件で判断しています。

人間性をきちんと見て、良い企業と見極める目を持ち、売り込む力のある人はごくわずかです。

その能力はどのように身につくかというと、まさに人間力

そのエージェント自信が仕事に誇りを持ち、1人1人に最善を尽くそうという思いがあるかどうか

そのエージェントを探すことができたならば、あなたの転職は7割がた上手くいったということができるでしょう。

50社100社と自分の気持ちをくんでくれるエージェント探しに費やす気持ちでのぞめば、その勢いは必ず良い人を引き寄せてくれます。

これが確実!五感でつかむ方法

本気でご縁のある職場を探すならば、是非とも試していただきたい方法があります。

それは「ここ、良いかな?」と思いピックアップした職場に潜入することです。

お客さんとして、社員に紛れ込んで、何となくフラッと。

そこで働いている人の様子、社内の環境、空気感がどのようであるか五感で体感してみることです。

「何の仕事をするか」に焦点を当てていたのでは、絶対にしない方法かもしれませんね。

けれども、これまでお伝えしたように「誰と」働くかが最も大切なのに、そのポイントを何も見ずに決めるのはあまりにも恐ろしい思いませんか?

実際に体感してみれば「何となく違うな」とか「思っていたよりも良いかも♪」とあなたの身体のセンサーが反応してくれます。

下見がてらフラリと行ってみることはかなりおススメです。

まとめ

ご縁のある職場探しについて、スピリチュアル観点と現実的視点を織り交ぜながらお伝えしました。

あなたの力や個性が活かされる場は必ずあります

そこに出会えたならば、今までの職場は一体何だったの?と思えるほどの充実感を味わえるようになるのです。

「こんな世界があったなんて!」

と目の前の視界が一気にパーッと明るくなるような感覚を得られるでしょう。

そのご縁を手繰り寄せるのもまた自分です。

ちょっとストイックな面もありますが、心から喜びを味わえる職場との出会いを確実に果たせる方法となります。

「今の職場でこのまま働くのはどうしても嫌だ」

「充実感を味わえるような仕事がしてみたい」

そんな方は、試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか(*´ω`*)