唱えるだけで笑顔のトレーニングになる言葉|簡単毎日2分

「どうも自分の笑顔に自信がない…」

「どう笑えば良いのか分からない」

「ネットで検索してみても、キレイな笑顔を作る方法が色々ありすぎて何をすれば良いかよく分からない」

そんなあなたに、唱えるだけで簡単にキレイな笑顔を作る方法をこれからお伝えします。

これを唱えるだけで、

・顔がほぐれて表情豊かになる

・顔のシワやたるみがなくなる

・筋肉がつくことで顔が痩せる

・いつも笑っているようなキュッと上がった口角になる

・写真写りが良くなる

・毎日が不思議と楽しくなる

・人間関係のトラブルが自然となくなる

・良いご縁を引き寄せられるようになる

・運気が上がる

などなど多くの効果があります。

笑顔でいることは、周りにエネルギーを与えること

周りの人が元気になるとちゃんと自分へと還ってきます。

簡単にできるトレーニングで、自分至上最高の笑顔を身に付けちゃいましょう!

少しだけ本格的な笑顔トレーニングを取り入れてみたい方は是非読んでみて下さい↓

1日たった2分のトレーニングで笑顔美人!顔も人生も思いのまま

左右で顔の印象が違う!左右対称美人になるための新習慣

また、そもそも笑うとはどういうことなのか、笑いと神様の関係を知りたい人はこちらをどうぞ↓

「笑顔」とは何か|笑うことの本来の意味を考えてみた

普段笑っていないと顔はどうなる?


私は暗く大人しい性格だった上に、口が小さいこともあり笑顔がとっても苦手でした。

でも、自分がいくら面白くなくたって、社会に出ると笑顔でいなければならない時もありますよね。

そこで笑おうと試みるのですが、

「……わ、笑えない(;O;)」

それまでずーっと笑っていなかったので、表情筋が硬くなって動かなくなっていたんです!

無表情の状態で筋肉が固定化されていた、ということになります。

これでは、笑おうと思っても顔が動きません。

顔には30種類以上の筋肉が相互に支えあって、表情を作っています

無表情のままこれらの筋肉を使わないとどうなるのかというと、

・顔にハリがなくなる

・表情の乏しい顔になる

・皮膚や脂肪が下へ落ち、シワやたるみをつくる

・皮膚がどんどん衰え老けた印象を与える

という恐ろしいことが起こるのです
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

表情筋が硬いと自律神経のバランスも悪くなり、どんどん無表情になって気分も落ち込んでしまいます

逆に、硬くなった表情筋をほぐすトレーニングをすれば、柔らかく動くようになるので自律神経のバランスも整ってくるそうですよ。

先程、笑顔でいると「自然と楽しくなる」と書きましたが、まずは形から整えると精神が変わってくるということなのです。

たとえ笑顔になれない時でも、顔を動かすことは習慣化した方が良いのかもしれませんね。

唱えるだけで瞬間的に笑顔を作る言葉

これは笑顔を瞬間的に作ることができる言葉です。

ウィスキー  キムチ  キウイ  しい

写真を撮る時に唱えると、キュッと引き締まった口角を作ることができます。

お気づきの通り、全て「ウ」→「イ」の母音で終わる言葉たち。

他にも思いついた言葉があったら、色々と試してみると良いと思います。

なぜ「ウ」から「イ」音へ推移する言葉を選んだかというと、訳がありまして。

「ウ」ですぼめて「イ」で拡張させることで、血流を良くしたいのです。

血流が良くなるということは、血色の良い唇を作ることですね。

ですからまずこの言葉を唱える時には、イメージしながら行ってみて下さい。

唇の毛細血管中の血液たちが勢いよく流れて、唇がきれいなピンク色になっています。

「ウ」の音は、口を前に突き出しすぼめるようにして、血流を数秒一旦滞らせます。

そして「イ」の音で一気に解放!

その後、「イ」の口のまま10秒キープです。

そうすると一瞬で口角が上がり、口紅がなくても自然で血色の良い唇を作ることが出ます。

唱え続けると自然と口角が上がる言葉の体操

顔の体操は、様々ありますがそんなのは面倒くさい!簡単なのをクレ!というあなたにはコレです。

「あいうえお」を唱えるだけ体操~♪

ちょっとドラえもん風に提案してみました(・ω・)ノ

これだったら何も覚える必要がありません。

ただトレーニングですから、ちょっと負荷をかけて動かすことになります。

これ、やってみると顔がひきつるほどですから、相当な筋肉が動いていることが実感できますよ。

「あ」「い」「う」「え」「お」は普段話す言葉そのものというだけではありません!

きちんと動かすことで、複数の表情筋を効率よく動かすことができるのです。

3日くらいからアレ?ちょっと良いかも!という実感は得られると思いますが、

2週間続けてみると相当効果を感じられると思います。

続けるコツは、やる時と場を決めてしまうことですね。

トイレでとかお風呂でとかと決めてしまうと、すぐにできてしまいますよ。

そしてこれもとっても大切なことなのですが、1日「アイウエオ」×2回までにすることですね。

やりすぎてしまうと、かえって頬骨が高くハリすぎる上に、口周りの筋肉が発達しすぎてかえって力強い顔になってしまいます!

お気を付けください。

良い笑顔を作る「あいうえおトレーニング」

とっても簡単なトレーニングですが、意識してほしいことは2つ。

・目を見開いて行う

・それぞれ口を限界まで開ける

ということです。

コレは、しっかりやると本当に疲れますよ(笑)

では早速やってみましょう!

目を見開いて準備をします。

「あ」

喉の奥まで見えるんじゃないかというくらい、口を大きく丸く開けてください

顔の筋肉が柔軟に動くようになり、表情が豊かになります。

10秒カウントします。

「い」

口を真横にグーッと広げましょう。この時、頬骨が高く引きあがっていることを意識してください。

慣れるといつも口角が上がっているような顔になりますよ。

10秒です。

まだ2つですがいかがですか?

キープしている間、プルプルひきつるようであれば、よく動いている証拠ですよ(^_^)v

「う」

口だけではなく、顔全体をすぼめます

10秒です。

まるで強力な掃除機によって吸い取られているようなイメージでしっかり尖らせましょう。

これを緩めた時、一気に血色の良い顔になります。

「え」

「え」は横に広く開けて下唇の左右を突っ張らせます

も思いっきり出しましょう。

首の両端の筋がモコッと出てきますよ。

10秒です。

これを行うと二重顎が解消されます。

次でラストですよ(*^-^*)もうひと踏ん張りです!

「お」

上唇と鼻の下の筋肉が緊張させ、突き出すのがコツです。

頬っぺたの両脇をかなり突っ張らせる感じです。

10秒です。

これはほうれい線の解消に効果大ですよ。

「あいうえお体操」がすごい理由

この「あいうえお体操」は何がすごいかというと、ストレッチも兼ねている!というところです。

普通、筋トレをしたらストレッチはまた別枠で行わなければなりませんよね。

けれどもこれは、筋トレ+ストレッチの体操ですからこれだけやればOK!なのです。

ちなみになぜストレッチが必要かというと、様々な理由により凝ってしまった顔をそのままにしておくと、顔色が悪くなったりむくんだりしていまうからです。

凝りの原因は表情筋の硬さからきています。

・モノを噛むときに左右どちらかに傾いている

・ストレスや緊張で顔がこわばっている

・接客業やオペレーター等の仕事で、常に表情筋を使っている

・無表情

・自律神経が乱れている

以上の理由から表情筋が硬くなっていると、どんどんぎこちない表情になってしまいます。

表情筋が凝るということは、ほうれい線やたるみなどの原因を作ることなのです。

筋肉の硬直は血行不良・顔色の悪さ・むくみを引き起こします。

あいうえお体操はその点、体操とストレッチを兼ねていますから、ただそれだけをやっていればこれらの問題がなくなっていきますよ!

健康的で明るい笑顔つくりのために、是非行いましょう。

圧倒的に効果を出す更なる方法

実はもっと美しい笑顔を作る効果的な方法があるのです。

もちろん、ストレッチ+引き締める筋トレ効果のあるこの「あいうえお体操」を行うだけで、

・笑顔が美しくなる

・小顔効果

・引き締め効果

・リラックス効果

など様々な効果が期待できるます。

これを、もっと劇的に効果を上げる方法は、この体操にあることを加えるのです。

そのあることとは、イメージ力

何の体操でも同じですが、脳の力を借りることで驚くほど現実化が早まっていきます

方法は簡単。

あなたが好きな芸能人やモデルさんの笑顔の画像をイメージするだけです。

体操をしている間中見ながらやる、また常に画像を見てその笑顔を脳にインプットしましょう。

イメージしたとおりに顔は変わっていきます。

二重顎のないスッキリとした輪郭。

30度にキュッと上がった口角。

自分の周りに広がる笑顔。

どんどんイメージを膨らませ、楽しい気持ちで体操をしましょう。

このイメージをどこまで信じて行えるかで、現実化できるかどうかが決まってきます

笑顔を美しくすることの本当の効果

あなたはなぜ笑顔を練習しようと思いましたか?

笑顔の少ない日々の生活の中で、このままではいけないなと思ったからではないでしょうか。

忙しさに追われていると、本当に自分が何をしたいのか何を感じているのかが見えなくなっていきます。

私もかつては職場と家の往復をしているだけの日々を過ごしていました。

精神的にも常にイライラし、笑顔などはありません。

夜遅く帰ってから食事をするため体はブクブクと太り、自分でも鏡を見たくない有様です。

「こんなに自分を犠牲にして仕事をしているんだ!」

そんな自負だけがありました。けれどもある時、

「このまま一生笑顔のないまま、イライラして老けていくままに生きていくのだろうか」

そう思った時、このままではいけないなと心底思ったのです。

「自分をもっと大事にしてあげなくては!」と。

それから先程のイメージ力を使ったダイエットをしてみたり、

表情筋を鍛えてみたりと、自分を大切にする時間を毎日の中で少しずつ増やしていきました。

すると次第に「どうしたの?きれいになったね」と声を掛けられるようになり、

今ではイライラしていた元の自分を忘れてしまいました。

毎日笑顔で心穏やかな日々を過ごすことは、人生を前向きに生きる活力を内側から引き出すものでもあります。

ものすごくアナログ人間な私が、こうやってサイトを作れている原点に笑顔で過ごす毎日があるのです。

笑顔は形だけの笑顔ではなくて、自分の人生を意志的に生きる力を与えてくれますよ。

まとめ

卵が先か、ニワトリが先かという論争がありますが(笑)

笑顔は内面が先なのか、それとも笑顔が先で内面がついてくるものなのでしょうか。

楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。

~ウィリアム・ジェームス~

不思議なことに顔の筋肉と脳は常に交信していて、顔の情報が脳にフィードバックされるそうなのです。

楽しいことがおこると笑うようにプログラムされている脳ですが、

表情筋の動きを読み取り逆に楽しさや喜びを感じるようにもできています。

人生には、心から笑えるような時が毎日起こる訳ではありません。

けれども、口角さえ上がっていれば良い意味で脳がだまされ、どんな状況でも楽しめるようになれるかもしれません

表情筋を鍛えることは、改めて自分の人生と向き合うことです。

常識や世間の目を気にすることなく、本当に生きたい生き方をなりたい姿になって生きることを始めてみませんか?

笑顔でいれば楽しくなるのと同様に、形からなりたい自分を実現することで、

「自分ってやるじゃん!」

と自信をつけ、意欲の種を心に撒くこと。

笑顔を主体的な人生を歩むための一歩として、笑顔トレーニングをおススメします。